医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

レセプトデータの活用 記事一覧

  1. レセプト枚数 10年推移表
  2. 患者さんの定着率について その5
  3. 患者さんの定着率について その4
  4. 患者さんの定着率について その3
  5. 患者さんの定着率について その2
  6. 患者さんの定着率について その1

2017年09月21日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPが作成している
レセプト分析表は
「日本一」だと思っています。
(自画自賛、我田引水、唯我独尊)(笑)

最近、レセ枚数の
10年推移を見ることが
ちょこちょこあるのですが
シーズンの波や全体の動向が
とてもよく理解できます。

■レセプト 分析表  エバーグリーン耳鼻咽喉科

・2月〜4月にピークが来る耳鼻科系
・6月〜8月にピークが来る皮膚科系
・11月〜2月にピークが来る内科系
そして、そのピーク時の
レセプト枚数のアップダウン。
オフシーズン、特にお盆やお正月など
診療日数の少ない月の
ボトム枚数の推移。

歯科医院さんであれば
歯科衛生士さんの増減による影響などが
一目瞭然です。

ぜひ皆さんもエクセルで
表を作成なさってみて下さい。
もし、ご自分でするのが面倒だとか
定着率や紹介率等のデータも見たい
とおっしゃる院長先生は
お気軽に弊社の通信コンサルに
ご相談下さい。
(宣伝になってしまいました)

通信コンサルPDF
お問い合わせフォーム



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年09月15日

ブログランキング・にほんブログ村へ

定着率をまとめます。

増収・増益、
CS向上・ES向上のためには
「新患を増やす」ではなく
ファン患者さんを増やす」方向に
重点を置く方が良いと考えています。

自院の患者さんが流出しているのか
定着しているのかを
毎月の新患数
(月末カルテ番号のチェック)と
社保・国保のオンライン受領書の
シンプルなデータで分析できます。

どの患者さんの層が
どの様な動きをしているかで
対応策を考えます。
■社保本人、家族
■国保本人、家族
■高齢者

<事例1.社保本人患者さんが減少
    ↓
A.受診しやすい様に
 夕方の診療時間を遅くする
B.高齢患者さんが
 来院しやすい様にシフトする


<事例2.社保家族患者さんが減少
    ↓
C.キッズコーナーを充実、スタッフ教育
D.お母さん向けのソフトを充実


などなど、定着率分析から
次のステップに進んでいくことができます。

MMPでは、レセプト分析について
通信コンサルもしていますので
ご興味があるようでしたら
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

通信コンサルティング チラシ



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年09月14日

ブログランキング・にほんブログ村へ

簡易版の定着率とは
すずたけが考えたものです。

1.前期1年間の
 新規登録患者数の1ヶ月平均を出します。(1ヶ月)
簡易版定着率-1-1
2.当月と前年同月の
 レセプト枚数を比較します。

但し、診療日数が異なる場合は
前期の枚数を当期の診療日数にそろえて
按分計算をします。
診療日数について土曜日は半日等、
マルメて考えても良いですし
0.5日カウントでも
どちらでも大差はないと思っています。

簡易版定着率-2

簡易版定着率-3

前年同月と比較して
増加(減少)したレセプト枚数を
前年の1ヶ月平均の新患数で
割り返した数値を定着率としています。

1度、当院を受診した患者さんが
翌年1回受診して下されば
レセ枚数は1ヶ月の新患数分だけ
増えるはずです。(定着率100%)
でも、引越しや亡くなられる方も
いらっしゃるのでマイナスもあります。
ハードの上限があれば
新患が200人来院しても
定着率は0%の場合もあります。
レセ枚数が少ない場合は
高い定着率を目指し、多い場合は
マイナスにならない様に要注意です。


定着率サンプル

ここに最近では
紹介率データを重ねています。

純初診の患者さんの問診表に
●友人・知人の紹介
●家族が受診しているから
●ホームページを見て
●看板を見て
といった項目を入れます。

100人の純初診患者さんのうち70人が
友人・知人・家族の紹介であれば
紹介率は70%です。

バナー広告などに
費用を沢山掛ければ
ネットからの患者さんが増えますが
医院にとって、どちらがプラスかは
おわかりかと思います。
(但し、新規開業などで
 患者さんを早く増加していきたい場合の
 周知方法としてはネットも大切です)

紹介率

つづく



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年09月13日

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ本題の
定着率についてです。
と、言いながらまた脱線します(笑)

そもそも
定着率について考え始めたのは
緑内障について
1年間、多くの眼科の先生と
各地で開催された勉強会に
参加したことがきっかけでした。

緑内障という病気は
継続通院が必要なのにも関わらず
3ヶ月、6ヶ月という期間で
治療を中断する患者さんが
かなりの割合になってしまう
というデータが
しばしば取り上げられていました。

治療を続けなければ
失明につながってしまいますが
治療を中断してしまうということは
患者さんの病気への理解、
治療への参加が
できていないということです。
アドビアランスが足りないのですね。
(アドビアランスとは、
 患者が積極的に
 治療方針の決定に参加し、
 その決定に従って治療を受けること
 を意味します)

一人一人の患者さんへの
治療中断をカウントするのは
大変な作業です。
純初診の患者さんが
6ヶ月後、1年後に
継続通院として下さっているか
をチェックしようと思うと
例えば、前年9月の
純初診患者さんのカルテをチェックし
純初診患者さん100人、再診50人
1年間での再初診10人いらっしゃれば
60人が次も自院に来て下さっていたので
定着率を60%とします。

毎月、この作業をするのは
手間と時間が掛かり過ぎてしまうので
簡易版の定着率という数値を
考えてみました。

定着率サンプル

つづく



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年09月12日

ブログランキング・にほんブログ村へ

定着率の説明の前座話が
長くなってしまいましたが
患者さんについて
大きな流れを見てみましょう。

ファン患者さんが多い(CS向上)
    ↓
院内にありがとうが増える
    ↓
スタッフも働きやすく
定着率アップ(ES向上)
    ↓
ファン患者さんがさらに増える

純初診の患者さんが多い
    ↓
待ち時間が長い、
スタッフのミスも多くなる
    ↓
患者さんの不満が増える
    ↓
スタッフが困る場面が増える
    ↓
退職者が増える
    ↓
患者さんの不満がさらに増える


ゲストの満足度が高い
ディズニーランドは
リピート率が97%・98%
と言われていますが
実は、クリニックのリピート率も
ディズニーランドに近いのです。
1例を見てみましょう。

Cクリニック
レセ1000枚×通院回数1.5日×12ヶ月
=年間18000人の患者さん
純初診患者さん1ヶ月80人×12ヶ月=960人
リピート率
(18000人―960人)/18000人=95%

D歯科クリニック
レセ350枚×1.6日×12ヶ月=年間約6700人
の患者さん
純初診患者さん1ヶ月22人×12ヶ月=約260人
リピート率
(6700人―260人)/6700人=96%

いかがでしょうか。
皆さんの医院さんでも計算してみると
ディズニーに近いリピート率だと思います。
逆に、広告宣伝に
お金と手間を掛けた場合は
どうでしょうか。

CクリニックVerで
純初診患者さんが1ヶ月に400人いれば
リピート率は
(18000人―4800人)/18000人=73%
73%になってしまいます。

この様なことから
増患≠増収と感じているのです。

ビジネスマン

つづく



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年09月11日

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日、医学関係の雑誌に
掲載する原稿を書いていた際
編集担当者さんから
素朴なご質問をいただきました。
定着率とは?」です。

自分自身では
講演会やブログで定着率について
かなり取り上げてきましたので
もう当たり前の考え方に
なってしまっていた様です。
初めての方にも、わかり易い様に
まとめなければいけないと反省し
少し長いブログになりますが
「定着率」について
お話させていただきます。

【増患】なのか【ファン患者さん】なのか

まず、お金の遣い方を比べてみて下さい。

Aクリニック:新患増のための費用
定着率-1

Bクリニック:
今の患者さんの満足度アップのための費用
定着率-2

Aクリニックは
1ヶ月に400人の
純初診患者さんが来院されます。
Bクリニックは
1ヶ月に50人来院されます。

■Aクリニック
院長:毎日20人の純初診の診察
受付:毎日20人の純初診のカルテ作成
患者さん:毎日20人の純初診のための
      待ち時間が長い

■Bクリニック
院長・受付・患者さん
継続通院の患者さんが多く
顔と名前などが結び付き
コミュニケーションもしっかり。
診察はスムーズで待ち時間も短め。

つづく



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125