医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

患者さんが集まる 記事一覧

  1. 看板・HPの広告規制
  2. 自院の看板定期点検
  3. 患者さんの定着率(小さいことをコツコツと) その2
  4. 患者さんの定着率(小さいことをコツコツと) その1
  5. ネットパトロールについて
  6. ホームページにも心配りを
  7. ご紹介キャンペーン実施中!!
  8. クリニックのネーミング
  9. ネットの中傷
  10. バナー広告に十分注意しましょう その2

2018年08月17日

ブログランキング・にほんブログ村へ

厚労省のネットパトロールが
どんどん厳しくなっていますが
医院側も脇が甘すぎるのではないでしょうか?

この一週間で見かけた案件
・バスの後ろに「美容皮膚科」と広告表示
・国道沿いの看板に「審美歯科」の文字
・新聞の折込広告に入っていたチラシ
  「〇〇市で一番安い」
  「〇〇市で一番多い」
  「今すぐ受診!」
  「今なら無料で〇〇」
  「インプラントセンター」


・医院の壁面に
 「〇〇インプラントセンター」
 とかなり大きく表示

・交差点の大きい看板に
 「入れ歯でお悩みの患者さん
  〇〇インプラントセンター」

などなど。
すずたけが気にしているということもありますが
あまりに多すぎます。

皆さん、少なくとも
法律は守りましょうね。

koukoku_building



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年08月16日

ブログランキング・にほんブログ村へ

以前このブログで取り上げたのは
建物の看板表示
「ホワイトヴィラ」が
「オフイ1フィフ」になっていたことでした。
過去ブログ

先日、またアパートの看板が
「ウイフー川」(一号棟)
「ウイフー川」(二号棟)
なぜか二棟立っている建物が
両方ともウイフ―川になっていました。
実は
「ヴィラ二川」の一部が欠落して
「ウイフ―川」になっていた様ですが
二棟とも同じ欠落が不思議に思いました。

友人と話していた時には
「パチンコ屋さんの
 最初の一文字のネオンが切れていたよ」
と笑っていました。
そんなことはないと
笑われるかもしれませんが
「すずきデンタルクリニック」
の看板が
「すすさフンフレフリーック」
になってしまう可能性もあります。

医院の前にある看板も
定期的にチェックしないと
クリニックではなく
「フリーック」になってしまっていることが
あるかもしれません。
野立て看板も含め
看板は年に一度は
トイレ掃除の
チェックリストみたいなものを作成して
見回った方が良いかもしれません。

medical_haisya_building



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年08月03日

ブログランキング・にほんブログ村へ

患者さんの定着率ですが
例えば、昨年7月に受診された
純初診患者さんのカルテをチェックして
再診・再初診があるかカウントすれば
定着率が測定できるのはないか
とまず考えました。
実際にカウントしてみると
かなり面倒な作業でした。
そこで考えた内容がこちら。

年間の純初診患者数の
1ヶ月平均値を出す(A)
(1年間に増えたカルテ番号÷12ヶ月でもOK。
レセコンデータでもOK)

1度受診された患者さんが
次の年に風邪を引いて
1度でもまた来院されれば
前年同月と比べて
毎月のレセプト枚数は
(A)枚分だけ増加します。

例えば、1ヶ月平均新患数50枚
前年8月のレセが800枚
今年8月のレセが850枚に増えていれば
50枚/50枚=100%の定着率
という考え方です。

ネットのバナー広告などを
ばっちり出して
純初診枚数が300枚になれば
それはそれで、すばらしいのですが
年間の純初診患者さん3600人がいて
前年のレセ800枚が900枚へ増えていれば
100枚/300枚=33%の定着率です。

毎日10人〜20人の
初診患者さんが受診されれば
待ち時間も長くなり
スタッフも院長先生もお疲れ気味。

一方、友人・知人から紹介された患者さんが
1ヶ月50人であれば
雰囲気もよく知って下さっており
院内の雰囲気は温かいままです。

亡くなられたり引越ししたりして
来院されなくなる患者さんもいらっしゃいますし
次の年に1回ではなく
毎月、継続受診される患者さんも
いらっしゃるかもしれませんので
この定着率目標はまず
マイナスにしないことからのスタートです。

定着率



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年08月02日

ブログランキング・にほんブログ村へ

医院の経営を改善するためには
増患・増収ではなく
ファン患者さんを増やすこと(CS向上)が大切
ということが、すずたけのポリシーです。

増収・増患 ≠ 増益
増収・増患 ≠ CS向上
増収・増患 ≠ ES向上

ファン患者さん増加=CS向上
ファン患者さん増加=ES向上
CS向上=ES向上
CS向上・ES向上=増益

また、
・ある日突然医院が変化することは難しい
(人はなかなか変われない)
・大きい改善
を毎日の診療(お仕事)の中で
やり遂げることは難しい
と考えていますので
毎日ではなく
毎週・毎月コツコツ取り組める
小さな改善を積み重ねていき
1年くらい経って
ふと気付いたら医院が大きく変化していた
という医院改善を目指しています。

CS向上を数値化することは出来ないかと
いろいろ考えたことが
MMPオリジナルのレセプト分析
「患者さん定着率」です。

定着率

本来、眼科で緑内障の患者さんが
ずっと治療を続けなければ
徐々に失明していってしまうのにもかかわらず
治療を中断してしまう患者さんが多く
アドヒアランスの向上に
どう取り組んだら良いのか
ということから考案した指標です。

つづく




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年07月31日

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨年の医療法改正で
バナー広告はNGでも
ホームページならどんな表現をしてもOK
というか解釈が
ホームページ上でも
広告規制を守らないと
違反したとみなされるということで
厚生労働省のネットパトロールが
スタートしました。
平成29年8月からの約6ヵ月間の状況です。

厚生労働省
「ネットパトロール事業について(平成29年度)」
より引用いたします。

一般からの受付情報 (2018年3月31日時点)-11


一般からの受付情報 (2018年3月31日時点)-1

Inked一般からの受付情報 (2018年3月31日時点)-2_LI

569件のうち歯科が27%とのことです。
罰金がくる前に
しっかり自院のホームページもチェックし
修正しておきましょう。

website_normal




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年07月02日

ブログランキング・にほんブログ村へ

医療の広告規制が厳しくなり
ホームページであっても
不適切な表現は
厚生労働省のネットパトロールで
チェックされる様になってきました。

先日も知人に頼まれてリサーチした
医療機関のホームページが
「?」だらけでした。

・使ってはいけない診療科目の表示
・00名以上の医師や
 スタッフが・・・
 と、さもお医者さんが沢山いるように表示したり
・土日診察、初診は毎日受付で
 ○○の様な患者さんは受診して下さいと
 促している
などなど

今回の広告規制について
『アポロニア21』 2018年6月号より引用致します。


虚偽広告
「絶対安全な手術」
絶対に安全な手術は、医学上あり得ない
「無痛診療」
完全な無痛状態は、医学上あり得ない
「厚生労働省の認可した○○専門医」
専門医は学会が認定する
「一日で全ての治療が終了」
治療後に、定期的な処置などが必要となる場合には、虚偽に当たる」
「○○%の満足度」
根拠・調査法の提示がない場合には、虚偽に当たる
「○○研究所併設」
研究の実績がない場合には、虚偽に当たる

比較優良広告
「インプラント実績県内ナンバー1」
「全国に展開し、最高の医療を提供します」
「最高の医療の提案を約束!」
「日本一痛くない虫歯治療」
「著名人が推奨しています」
「著名人が治療を受けています」

誇大広告
「知事の認可を取得」
医療機関として当然の開設許可をことさらに強調
「医師数○○人」
表示内容が事実と異なる場合は、誇大広告に当たる
「○○学会認定医」
実績のない団体による認定の場合は、誇大広告に当たる
「○○駅前インプラントセンター」
法令などにより定めたれた医療機関か、地域における中核的な役割を担っている場合を除いて誇大広告に当たる
「比較的安全な手術」
何と比較しているのか分からない
「こんな症状のある人は今すぐ受診!」
科学的な根拠が乏しい情報に基づくリスクや効果の強調は、誇大広告に当たる

公序良俗違反
「今なら○○円でキャンペーン実施中!」
「期間限定で○○%オフ」
「ホワイトニングし放題」
「無料相談した方に歯ブラシをプレゼント」
医療機関にそぐわない表現は
Webサイトだけでなく
看板などの院外掲示、医院名なども
広告規制の対象となり
より厳しくなっていますので
皆さんご注意下さい。

20180702





人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年06月12日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPすずたけは
コンサルタントが本業なのに
本当に営業が苦手です(笑)

クライアントさんは、ほぼ100%
知り合いのDr.や関係者からのご紹介です。

今回は特別にご紹介キャンペーンを
2ヶ月限定で行うことになりました。

紹介キャンペーンチラシ









MMPで行っているレセプト分析は
日本中でも、うちだけのサービスと
自負しています。

遠方の皆様にも
通信コンサルがありますので
ぜひぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年06月04日

ブログランキング・にほんブログ村へ

医院の名前は
当然ですが
一番目立ちますので
もっとも広告宣伝効果があります。
「鈴木歯科」
「鈴木歯科医院」
だけではアピール度は低めです。
(鈴木歯科医院さんごめんなさい)
ですが
「すずき歯科」
「すずきデンタル」
「すずき歯科クリニック」
と、漢字・平仮名・カタカナを
入れるだけで
イメージが
大きく変化することがわかります。

これから開業を
考えていらっしゃる方
また
リフォームなどでもする際に
少し医院名を変えて
イメージチェンジをしようと
考えていらっしゃる方へ
ヒントを考案してみました。
Book1-2
この表の中に
言葉を入れていくと
イメージがしやすいと思います。
当然ですが
すべて使った長い名前でなくても
2項目だけ
3項目だけでも良いでしょう。
名前決めの参考になれば幸いです。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年05月30日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年5月8日(火)付『日本経済新聞』
デジタルトレンドのコーナーに
「手口巧妙 司法は削除慎重」
という記事が掲載されました。
記事より一部
引用させていただきます。
scan-2

以前も
ある医療機関さんが
ネット上に
ひどい書き込みをされたので
グーグルに削除要請をしたところ
「その書き込みが
真実かウソかはわからないので
削除は出来ない」
と断られました。
現実的には
削除はなかなか難しいと思いますが
グーグルに書かれている悪口には
医療機関側も書き込みができるため
少しコメント(お詫びや改善について)を
書き込んでおくと
随分、印象が変わると思います。

みなさんも
月に一度くらいは定期的に
自院に対する
グーグルマップの口コミなどを
チェックしておいた方が良いと思います。
net_sns_iyagarase_man



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年05月11日

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告でよく間違っていて
注意したいのはインプラントです。

Q2-4 歯科用インプラントによる治療については、広告可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号、広告告示第2条第5号関係)
A2-4「自由診療のうち薬事法の承認又は認証を得た医療機器を用いる検査、手術、その他の治療の方法」として、我が国の薬事法上の医療機器として認証されたインプラントを使用する治療の場合には、公的医療保険が適用されない旨と治療に掛かる標準的な費用が併記されていれば、広告可能です。
なお、歯科医師の個人輸入により入手したインプラントによる治療については、広告できません。
・自費であること
・標準的な費用併記
ですね。
スタッフの写真を使う事例も増えてきました。
Q2-12 広告に従業員の写真を掲載することは可能でしょうか。(法第6条の5第1項第6号及び第7号、広告告示第1条第1号関係)
Q2-12 法又は広告告示により広告が可能とされた事項については、文字だけでなく、写真、イラスト、映像、音声等による表現が可能です。
例えば、以下のような広告は可能です。
〇従業員の人員配置として、病棟又は診療科の従業員の人数、配置状況として写真を掲載すること。
〇医療従事者に関する事項として広告可能な氏名、年齢、性別、役職及び略歴を写真とともに掲載すること。
Q2-13 広告に診療風景等の写真を掲載することは可能でしょか。(法第6条の5第1項第6号、第8号及び第11号関係)
A2-13 法又は広告告示により広告が可能とされた事項については、文字だけではなく、写真、イラスト、映像、音声等による表現が可能です。
例えば、以下のような広告は可能です。
〇医療機関の構造設備に関する事項として、病室、談話室の設備の写真、据え置き型医療機器の写真を掲載すること。
〇医療機関の管理又は運営に関する事項として、セカンドオピニオンの実施、症例検討会の実施等の写真を掲載すること。
〇医療機関において提供される医療の内容に関する事項として、検査、手術等を含む診療風景の写真を掲載すること。なお、診療風景であっても、手術前、手術後のレントゲン写真等を含む写真を掲載することは、治療の効果に関する表現に該当するため広告できません。
ただ、そのスタッフが
退職した後などに使用すると
トラブルになることもあるので
別の意味で要注意ですね。

今年4月から
ネットパトロールが
始まったそうですが
よくある美容系の
オペ前・オペ後の写真については。
Q2-19 治療の前後のイラストや写真を掲載することは可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号関係)
A2-19 治療効果に関する表現に該当するため広告できません。治療効果については、個々の患者の状態により当然にその結果は異なるものであり、効果について誤認を与えるおそれがあることから、広告することはできません。
やはりダメですね。

インプラントと同じで
最近増えている審美について。
Q2-22 歯科診療における「審美治療」は広告可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号、広告告示第2条第1号〜第5号関係)
A2-22 「審美治療」という表現で行われる医療行為については、現時点で医学的・社会的に様々な意見があり、広く定着していると認められていないため、広告できません。ただし、個々の治療の方法については、広告告示第2条第1号から第5号に規定する広告可能な治療方法であれば、その治療方法について広告することは可能です。
インプラントセンターはNGですが
インプラント室はOKみたいです。
Q2-27 「インプラント室」のように治療方法を名称に含む施設については広告可能でしょうか。
A2-27 当該医療機関が行う治療方法が、専ら医療法第6条の5第1項及び第6条の7第1項の規定に基づく医業、歯科医業若しくは助産師の業務又は病院、診療所若しくは助産所に関して広告することができる事項(平成19年厚生労働省告示第108号。)第2条第1号から第5号までに規定する広告可能な治療法に該当する場合は、広告可能な治療法の名称を施設の名称として広告することが可能であることから、「インプラント室」について広告可能です。
などなど、特にネットのバナー広告は
ホームページではなく広告ですので
ついつい違反をしてしまっている事例も
多く見られますので
皆さんお気を付け下さい。
 
厚生労働省URL http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/

52a6d9343d936b9124557e0e239bf788_t



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125