医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

経営者だから知っておきたい 記事一覧

  1. 和倉温泉加賀屋さんのホームページに学ぶ その2
  2. 和倉温泉加賀屋さんのホームページに学ぶ その1
  3. 医療経営コンサルタントと医業経営コンサルタント
  4. わかりやすいP/L、BS、CF
  5. 賞与引当金について
  6. 通信コンサルのご案内
  7. 他産業に学ぶ トラベルボイス 
  8. 竹島水族館に学ぶ その4
  9. 竹島水族館に学ぶ その3
  10. 竹島水族館に学ぶ その2

2017年06月16日

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日に引き続き
加賀屋さんのホームページです。

トップページの理念をご紹介致します。

創業以来培われた
伝統のおもてなしを。

加賀屋にお泊りになる方すべてに
心より寛いでいただきたい。
これは加賀屋創業時からの
私たちの願いです。
そのひとつがお出迎えのときから、
お帰りになるその時まで、
小さな気配り、心配りを
重ねています。
それが加賀屋のおもてなしの
基本と考えています。

百年という加賀屋の歴史、代々の
女将による薫陶が、社員の間で
連綿と受け継がれてきた心得が、
今も息づいています。

一期一会の感動と、
感謝の気持ちを大事に今日も、
加賀屋は皆様のお越しを
心よりお待ちしております。
加賀屋で過ごす最良のひととき、
ごゆっくりとお寛ぎください。
「お出迎えからお帰りまで
小さな気配り、心配りを重ねる」
これはまさしくすずたけが
クリニックでも実践したい
と思っていることです。

ホームページでは
●ハードの紹介(部屋・お風呂)
●ソフトの紹介(味・おもてなし)
●専門性(100年の歴史・館内は美術館)
それぞれがバランスよく紹介されており
また、文字ではなく写真が中心で
その写真には笑顔のスタッフが
必ず入っていることも
ポイントだと思います。

474168

長くなってしまいましたが
医療機関のホームページも
加賀屋さんの真似をしたいと思います。


幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年06月15日

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日、『日本経済新聞』に掲載されていた
加賀屋さんの別館オープンの広告について
ご紹介致しました。
過去ブログ

大女将から厨房スタッフまで
ずらりと全社員が並んだ素敵な広告でした。
別館というハードの広告も
人を中心に写しているところが
加賀屋さんらしいと感じました。

img_intro
画像:https://www.kagaya.co.jp/

ある医療機関でホームページの見直しを話し合っている際
ふと思いつき、加賀屋さんのホームページは?
とチェックしてみました。

全体的なイメージは写真が中心で
見やすい大見出しがあり
一目で見える範囲内に
説明が書かれています。
例えば、採用サイトをクリックしてみると
フロント・調理師さん・仲居さんなどの
笑顔の中心に
”笑顔で気働き”
というモットーが出てきて
とても良い印象です。

中を開いてみると
客室係、調理師/パティシエ、総合職、
サービススタッフといった職種毎に
新卒、高卒、中途、パート・アルバイトといったくくりになっており
それぞれにお仕事の内容と条件が細かく分かれています。

中でも素晴らしいと思ったのは
先輩からのメッセージ!!
「入社したきっかけ」
「仕事に対するモットー」
「仕事を通じて一番うれしかったこと」
「仲間がいてよかったと思う瞬間」
など、4つのコメントが
それぞれの職種ごとに載っています。
お給料面も具体的な条件が書いてあることは
当たり前なのですが、
働いているスタッフのこの様なコメントは
とっても魅力的です。
職安や求人雑誌に募集を出していても
求職者は当然、募集元のホームページを
チェックしていると思います。

従って、条件だけでなく
加賀屋さんの様に
「仕事の魅力をどの様に伝えるか」
が、とても重要なことだと思いました。
皆さんもぜひ一度、
和倉温泉加賀屋さんの
ホームページの求人をチェックしてみて下さい。

加賀屋さんホームページ
加賀屋さん採用サイト




幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年06月07日

ブログランキング・にほんブログ村へ

すずたけは諸先輩の企みによって
公益社団法人医業経営コンサルタント協会
いくつかのお役に付いています。
医業経営コンサルタントは決して国家資格ではありませんが
協会の設立当初、コンサルタントの質をどう担保するのか、
しっかりと議論がなされていた記憶があります。

「医療経営コンサルタント」は自称すれば
どなたでもOKですが、
「認定登録医業経営コンサルタント」と名刺に書かれている方は
ベテランでも年間15時間の研修受講をしないと
資格が更新できない仕組になっているのです。

因みに医業経営コンサルタントの資格を登録後
最初の3年間で100時間
次の3年間で100時間
その後4年で100時間
その次からは4年で80時間
資格取得後、14年経過すると
4年で60時間の研修履修でOKです。

すずたけが所属する教育研修委員会では
この研修内容についても全てのカリキュラムをチェックして
許可を出しているのです。

院長先生も経営や様々なことでお悩みの場合は
お近くの認定登録医業経営コンサルタントを探されると
お役に立てると思います。

8b33a9560de19e08c14f0f300e6511db_s



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月31日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPでは会計事務所さんからいただいた
損益計算書・貸借対照表をもとに
院長先生が医院の成績を理解しやすい様に
加工した説明資料を作成しています。

すずたけの駆け出し時代(二十数年前)の資料も
同じ様なものを作っていました。
分かりにくいBS、P/L、CFをスムーズに説明したくて
工夫を重ねています。

サンプルP1サンプルP2サンプルP3

●単位は一万円
●当月の成績が分かる
●前年同月と比較ができる
●前期実績と当期予想の比較
●CFは利益+償却-資産購入±借入金
を記載し、預金残高でキャッシュフローを表現。

BSは現預金・保険未収入金・保険積立金・固定資産
など大きな項目にまとめ
負債へやじるしを書き入れ、医院の健全性を確認。

当期予想もレセプト枚数の増減
通院回数・平均点数を前期と比較して
当期の予想を出しています。

会計事務所の担当者としては
余分な手間かもしれませんが
自分達が商品としてお渡ししている試算表が
全く読まれず封筒からも出されず
積み上げられている姿はとても残念です。
少しでも数字が苦手な院長先生に
分かりやすい説明を心掛けましょう。



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月30日

ブログランキング・にほんブログ村へ

結論から書きますと
賞与引当金はあまり好きではありません。

お仕事の関係でしばしば税理士さんの作成している
月次の試算表を使って資料を作成することがあります。
少数派ですが、毎月の財務で賞与引当金を計上し
賞与月に逆仕訳を入力している試算表があります。

引当金の毎月計上
■メリット
賞与の負担を均等にならすことで
正しい月次損益がわかる。
■デメリット
たとえば、12月のボーナスの総額がいくらだったのか
ボーナス支給月にどのくらいの資金準備が必要か
などが分かりにくくなることです。

個人的には、
●12月はボーナスがあるから赤字になる
●12月はボーナスを支払うため〇〇の資金準備が必要
このようなことが見える方が小規模な医療機関の経営判断には
プラスではないかなと感じています。

皆さんはいかがでしょうか。

bunbougu_dentaku



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月29日

ブログランキング・にほんブログ村へ

すずたけの訪問コンサルは
移動時間が約1時間くらい以内と勝手に決めています。
(講演やセミナーの講師としては
北海道から沖縄まで伺っていますが)

院長先生のサポートをするためには
その医院の立地や環境をしっかり把握したい
という気持ちがあるため
時々、現場を見に行けるエリアに限定しているのです。

しかし最近、時折
遠方の先生からお声を掛けていただくことがあるため
通信コンサルティングを始めました。

通信コンサルティング チラシ

よろしければご活用ください。

お問合せフォーム



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月25日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年5月10日付『トラベルボイス観光産業ニュース』にて
「宿泊施設が改善できる事例を動画で公開、観光庁と日本旅館協会【動画】」
が公開されました。

記事より引用致します。

観光庁はこのほど、国内宿泊施設の生産性向上に関する事例動画集を公開した。これは、観光庁と日本旅館協会が連携して開催した、宿泊施設向けコンサルティング活動やワークショップ参加者より提供されたもの。

提供されているのは、例えば、スタッフの意識改善を経て人材不足解消につなげた様子や、大きなコストをかけずにIT化や機械化などを導入した事例など。テーマ別に7つのケースに分けて動画で解説すると同時に、それぞれの施設で導入した手法説明などを18ページにわたる資料集としてとりまとめた。
ユーチューブの動画を見ると
「人材育成による一人三役で人手不足解消」
という内容が紹介されていました。

医療機関では、国家資格があるため
ある程度の縦割りは仕方がないのですが
受付スタッフが病気で休んだ場合など
全く業務が回らなくなってしまうこともあります。

1f1abe088df87756bda2718b1496bc08_s

患者さんの待ち時間を短くしたり
サービス向上のためには
看護師さんも受付業務を理解していると
より効果的だと思います。

旅館のスタッフの動きと、医療・介護の動きは
似ているところが沢山あると思います。

他産業に学んでみましょう。


幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月11日

ブログランキング・にほんブログ村へ

その3で書き終わるつもりでしたが
竹水の本から学ぶこと、尽きません。
とっても濃い内容の30ページです。

竹島水族館の本
蒲郡市竹島水族館
風媒社
2016-12






9.広報誌
竹水:たけしまにあ
本文より紹介させていただきます。

 竹島水族館には「たけしまにあ」というA4サイズの完全手書きフリーペーパーがあります。特大号になるとA3サイズ。これは来館してくれる皆さんに喜んでもらおうと、スタッフが教えるヒミツの話や一押しの生物、イベントなどを紹介しています。
 いつ発行されているかというと、スタッフのやる気次第の完全不定期発行という代物なので、その都度フェイスブックでのご報告を見てもらうか、来てみたらたまたまあったのどちらかです。
 「たけしまにあ」を書いているスタッフもやる気があるから書きたい人や、館長や副館長に指名されてぶーぶー言いながら書いている人など、特に順番もないので同じ人が連続で書いていることもあります。
クリニック:院内報
費用を沢山遣えば、あまり手間も掛けずに
おしゃれな院内報を毎月発行することも可能ですが
患者さんが求めているものは違うのではないでしょうか。
(個人的には、お金の掛かった院内報ほどスルーされやすく
手作りのものほど、読んでいただける感じがします。)

10.IT革命がヤッテキタ!
竹水:ブログ
本文より紹介させていただきます。
2001年、水族館にもIT革命の波が到来したのです。
 水族館HPの作成とスタッフによるブログの更新が始まりました。
 そして現在ではブログに加えフェイスブックでの情報発信もおこなうようになりました。
クリニック:やはりブログ
ホームページの更新はなかなか出来ませんが
ブログでしたらメール作成と同じくらいの手間で
情報発信ができます。
医院として、ある程度の品格を
保つ必要はあると思っていますが
スタッフの趣味や休日などのテーマも楽しいかと思います。
但し、クリニックのブログは患者さんへの情報提供である
という視点は忘れないで欲しいと思います。



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月10日

ブログランキング・にほんブログ村へ
竹島水族館の本
蒲郡市竹島水族館
風媒社
2016-12


すみません、まだまだ竹水シリーズが続きます。
「竹島水族館の本」134ページの厚さ、
しかも、そのうち83ページが深海魚の説明で
本文は50ページ(うち写真が20ページ分くらい)なのですが
とってもクリニックの改善に使えるヒントがてんこ盛り。
水族館とクリニックは同じ発想なのだ、
とビックリしています。

7.現場を見てこい!
竹水:「そこに立っておれ」と館長命令
本文より引用させていただきます。
館長は立たせる理由やアドバイスは何も言わずにいきなり「午後から作業は何もやらなくていいから閉館時間まで立っておれ、トイレ以外そこから動くな」と突然言います。
しかし、そこでずっと立っていると、さまざまなお客さんがそこを通るのでお客さんの反応がわかりますし、まじまじと自分の展示を見ると、良くなった点や改善する点がなんとなくわかってきます。こっそり他のスタッフがやってきてやさしくアドバイスをくれることもあります。それをもとに展示をつくりかえるのです。すると館長は「わかったか?」とだけ言います。
クリニック:待合室で30分待つ研修
過去ブログで詳しくご紹介しています。
ぜひご覧ください。

8.いやしの時間
竹水:まったりうむ
本文より引用させていただきます。
 水草やサンゴ、癒し系の魚などを集めて、ベンチに座ってゆっくりそれを眺めて癒される休憩ルームを兼ねた展示エリアです。
クリニック:待時間をいやしの時間にするための
スライドショーや学びの時間にするための
病気の説明ファイルなど

つづく




幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月09日

ブログランキング・にほんブログ村へ

竹島水族館はフェイスブックでも
上手に情報発信をしています。
イベントの情報や新しく入ったお魚、
日々の楽しいエピソードをユーモラスに発信しています。

昨日の「竹島水族館の本」より
クリニックに取り入れることができそうな内容を続けます。

竹島水族館の本
蒲郡市竹島水族館
風媒社
2016-12


3.シンボルのデザイン
竹水:ゆるキャラのタケアシくん
本文より引用させていただきます。
 じつはゆるキャラをつくる予定はなく、竹島水族館のロゴマークを募集した際に、何を勘違いしたかゆるキャラを送ってきた方がいまして、そのまま「これおもしろいんでゆるキャラつくってもいいですか?」という流れで誕生しました。
クリニック:自院のイメージに合わせて
「まじめ」「親しみやすさ」「専門アピール」といった
シンボルマークを作成する。

4.予算管理の仕組み
竹水:お小遣い制度
1人の飼育員が担当水槽と予算を決めて
責任を持って管理する仕組み。
クリニック:受付回りの季節ディスプレイ、
待合室の図書、掲示物、キッズコーナーの小物は
きちんと予算を決めて定期的に更新する仕組み。

5.楽しい空間
竹水:本文95ページより引用させていただきます。
好きな魚を通してお客さんが楽しんでくれる姿を見るとうれしいですし、入場者数増えて自分たちの水族館に活気が出てくるとやっぱりうれしい。
クリニック:つらい思いをしている患者さんが
自分達の対応で少しでも笑顔になって下さるとうれしい。
とても大切な仕事と思う。

6.手書きのカンバン
竹水:崖っぷちから生まれた手書きカンバン
簡単・早い・面白い
本文106ページより引用させていただきます。
はたしてどれだけの人が水族館で「解説表示」を読んでいるのだろうか。どれだけ書かれてあったことを覚えているのだろうか。
 ,曚箸鵑鋲匹鵑任い覆
 楽しそうでない
 だけど解説板を作る費用や時間って結構かかる

クリニック:業者さんが作成したポスターは貼られていますか
,曚箸鵑鋲匹鵑任い覆
⇒解できない
だけどポスターを作る費用や時間は結構かかる

そこで、竹水と同じ様に
下手でも真面目に書いた字、
下手でも真面目に描いた絵で
伝える解説は役に立つと思います。

つづく


幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125