医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

広告宣伝方法 記事一覧

  1. ご紹介キャンペーン実施中!!
  2. クリニックのネーミング
  3. バナー広告に十分注意しましょう その2
  4. バナー広告に十分注意しましょう その1
  5. 上手な求人募集
  6. ❝電柱広告はおまかせ❞の❝野立て看板❞
  7. 新患さんをどう集める(口コミとネット)
  8. グーグルマップの口コミチェック
  9. 残念なバナー広告
  10. 芋屋金次郎に学ぶリピーター作戦 その2

2018年06月12日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPすずたけは
コンサルタントが本業なのに
本当に営業が苦手です(笑)

クライアントさんは、ほぼ100%
知り合いのDr.や関係者からのご紹介です。

今回は特別にご紹介キャンペーンを
2ヶ月限定で行うことになりました。

紹介キャンペーンチラシ









MMPで行っているレセプト分析は
日本中でも、うちだけのサービスと
自負しています。

遠方の皆様にも
通信コンサルがありますので
ぜひぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年06月04日

ブログランキング・にほんブログ村へ

医院の名前は
当然ですが
一番目立ちますので
もっとも広告宣伝効果があります。
「鈴木歯科」
「鈴木歯科医院」
だけではアピール度は低めです。
(鈴木歯科医院さんごめんなさい)
ですが
「すずき歯科」
「すずきデンタル」
「すずき歯科クリニック」
と、漢字・平仮名・カタカナを
入れるだけで
イメージが
大きく変化することがわかります。

これから開業を
考えていらっしゃる方
また
リフォームなどでもする際に
少し医院名を変えて
イメージチェンジをしようと
考えていらっしゃる方へ
ヒントを考案してみました。
Book1-2
この表の中に
言葉を入れていくと
イメージがしやすいと思います。
当然ですが
すべて使った長い名前でなくても
2項目だけ
3項目だけでも良いでしょう。
名前決めの参考になれば幸いです。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年05月11日

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告でよく間違っていて
注意したいのはインプラントです。

Q2-4 歯科用インプラントによる治療については、広告可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号、広告告示第2条第5号関係)
A2-4「自由診療のうち薬事法の承認又は認証を得た医療機器を用いる検査、手術、その他の治療の方法」として、我が国の薬事法上の医療機器として認証されたインプラントを使用する治療の場合には、公的医療保険が適用されない旨と治療に掛かる標準的な費用が併記されていれば、広告可能です。
なお、歯科医師の個人輸入により入手したインプラントによる治療については、広告できません。
・自費であること
・標準的な費用併記
ですね。
スタッフの写真を使う事例も増えてきました。
Q2-12 広告に従業員の写真を掲載することは可能でしょうか。(法第6条の5第1項第6号及び第7号、広告告示第1条第1号関係)
Q2-12 法又は広告告示により広告が可能とされた事項については、文字だけでなく、写真、イラスト、映像、音声等による表現が可能です。
例えば、以下のような広告は可能です。
〇従業員の人員配置として、病棟又は診療科の従業員の人数、配置状況として写真を掲載すること。
〇医療従事者に関する事項として広告可能な氏名、年齢、性別、役職及び略歴を写真とともに掲載すること。
Q2-13 広告に診療風景等の写真を掲載することは可能でしょか。(法第6条の5第1項第6号、第8号及び第11号関係)
A2-13 法又は広告告示により広告が可能とされた事項については、文字だけではなく、写真、イラスト、映像、音声等による表現が可能です。
例えば、以下のような広告は可能です。
〇医療機関の構造設備に関する事項として、病室、談話室の設備の写真、据え置き型医療機器の写真を掲載すること。
〇医療機関の管理又は運営に関する事項として、セカンドオピニオンの実施、症例検討会の実施等の写真を掲載すること。
〇医療機関において提供される医療の内容に関する事項として、検査、手術等を含む診療風景の写真を掲載すること。なお、診療風景であっても、手術前、手術後のレントゲン写真等を含む写真を掲載することは、治療の効果に関する表現に該当するため広告できません。
ただ、そのスタッフが
退職した後などに使用すると
トラブルになることもあるので
別の意味で要注意ですね。

今年4月から
ネットパトロールが
始まったそうですが
よくある美容系の
オペ前・オペ後の写真については。
Q2-19 治療の前後のイラストや写真を掲載することは可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号関係)
A2-19 治療効果に関する表現に該当するため広告できません。治療効果については、個々の患者の状態により当然にその結果は異なるものであり、効果について誤認を与えるおそれがあることから、広告することはできません。
やはりダメですね。

インプラントと同じで
最近増えている審美について。
Q2-22 歯科診療における「審美治療」は広告可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号、広告告示第2条第1号〜第5号関係)
A2-22 「審美治療」という表現で行われる医療行為については、現時点で医学的・社会的に様々な意見があり、広く定着していると認められていないため、広告できません。ただし、個々の治療の方法については、広告告示第2条第1号から第5号に規定する広告可能な治療方法であれば、その治療方法について広告することは可能です。
インプラントセンターはNGですが
インプラント室はOKみたいです。
Q2-27 「インプラント室」のように治療方法を名称に含む施設については広告可能でしょうか。
A2-27 当該医療機関が行う治療方法が、専ら医療法第6条の5第1項及び第6条の7第1項の規定に基づく医業、歯科医業若しくは助産師の業務又は病院、診療所若しくは助産所に関して広告することができる事項(平成19年厚生労働省告示第108号。)第2条第1号から第5号までに規定する広告可能な治療法に該当する場合は、広告可能な治療法の名称を施設の名称として広告することが可能であることから、「インプラント室」について広告可能です。
などなど、特にネットのバナー広告は
ホームページではなく広告ですので
ついつい違反をしてしまっている事例も
多く見られますので
皆さんお気を付け下さい。
 
厚生労働省URL http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/

52a6d9343d936b9124557e0e239bf788_t



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年05月10日

ブログランキング・にほんブログ村へ

近頃、フェイスブックや
ブログをチェックしていると
医療系のバナー広告がよく表示されます。
完全に医療広告ガイドラインに
違反しているものも多いため
今一度、厚生労働省の
『医療広告ガイドラインに関するQ&A(事例集)』
をおさらいしてみましょう。

電車の中で
見掛けたことがありますが
「医院の広告ではなく本の広告ですよ」
もアウトでした。

Q1-2 新聞や雑誌の記事の引用として、例えば、雑誌に掲載されていた「日本が誇る50病院の一覧」をそのまま、他の医療機関名も含めて掲載すれば、広告物に記載可能でしょうか。
A1-2 医療機関の広告に新聞や雑誌の記事等を引用又は掲載した場合、当該記事等の記述は、医療法やガイドラインの適用を受けます。例示の雑誌に掲載されていた「日本が誇る50病院の一覧」等については、他の医療機関名も含めてそのまま掲載したとしても、雑誌社等が評価した結果は、医療法やガイドラインで示している広告が可能な事項に該当せず、また、掲載されていない医療機関よりも優れた旨を示す比較広告になることから、医療機関の広告物に記載することはできません。
ネットのバナー広告は
あくまでも広告ですので
医療法で認められたものしか
掲載してはいけません。
Q1-4 インターネットのバナー広告は、ガイドラインで広告規制の対象であるとされていますが、バナー広告は禁止されるのでしょうか。
A1-4 医療法やガイドラインで認められた広告が可能な事項であれば、バナー広告は可能です。例えば、以下のようなバナー広告をインターネット上に掲載し、当該医療機関のホームページにリンクを張ることは、差し支えありません。
scan
ネットのバナー広告に
インプラントセンターなんて
書いてあれば
それだけでアウトですね。

お金を支払って
インタビューをした記事が
雑誌に載ることは?
アウトになることもあるので
要注意です。
Q1-5 新聞や雑誌の「記事」は、通常は、患者の受診等を意図(誘因性)がないため、広告に該当しないとされていますが、広告に該当する「記事風広告」とはどのようなものでしょうか。
A1-5 新聞や雑誌等に掲載された治療法等に関する記事であっても、医療機関が広告料等の費用を負担する等の便宜を図って記事の掲載を依頼することにより患者等を誘引するような場合は、「誘因性」が認められ、いわゆる「記事風広告」として広告に該当します。したがって、この場合は医療広告ガイドラインを遵守する必要があります。
皆さんも思い当たる手法ですね。

インプラントセンターなどのセンターは?
Q1-11 病院の一部門の名称を「〇〇センター」(透析センター、リハビリセンター等)として院内に掲示することは可能でしょうか。
A1-11 病院の院内掲示であれば、「透析センター」等と表示することは可能です。(広告については、Q2-23参照。)。
Q2-23 医療機関の名称に併せて、「〇〇センター」と広告することは可能でしょうか。(法第6条の5第1項第13号、告示第4条第4号関係)
A2-23 「〇〇センター」と広告することついては、法令の規定又は国の定める事業を実施する病院又は診療所であるものとして、救急救命センター、休日夜間急患センター、総合周産期母子医療センター等、一定の医療を担う医療機関である場合又は当該医療機関が当該診療について、地域における中核的な機能、役割を担っている都道府県等が認める場合に限り、その旨を広告することが可能です。
ということで院内掲示はOK
院外はNGです。

内覧会のチラシは大丈夫か
心配になってきました。
Q2-2 いわゆる内覧会の実施に関する事項は広告可能でしょうか。(法第6条の5第1項第7号、広告告示第1条第1号関係)
A2-2 開院前の医療機関の住民向けの説明会(いわゆる内覧会)の実施に関する事項については、「病院又は診療所の管理又は運営に関する事項」として、広告可能です。
OKでした。
とてもたくさんありますので
明日に続きます。
gekijou2_tsuduku




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年04月26日

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日、見かけた居酒屋さんの看板
ブログ
”年中無休”は
お店の宣伝であることは当然ですが
その下に並べて
”アルバイト募集”と表示されていると
「お休みなさそう」
「忙しそう」
「ブラック」
と感じてしまいます。

最近入った折込広告の求人募集で
目立っていたのは2社。
カーブスさんとCoCo壱番屋さんです。
両社とも
働く女性を応援するキーワードに溢れています。

カーブス
・日・祝休み(週休2日制)
・残業なし(早朝・深夜)
・正社員(転勤なし)
・年齢・経歴不問(8割が未経験スタート)

CoCo壱番屋
・子育てママに優しい職場
 (短時間・急な病気等)
・初心者でも安心
・週1でもOK
・履歴書不要
チラシトップはスタッフの笑顔写真アップです。

求人募集する場合
少なくともホームページ上では
・働きやすく
・楽しさ
・学ぶことができる
といったポイントを
しっかり押さえたページにしたいと思います。
document_kyuujinbosyu



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年10月24日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPのご近所で
とっても面白い野立て看板を
見つけました。

文書1

電柱広告の看板が
電柱ではなく、
野立て看板になっていました。

サインボード(道路案内)と
ビルボード(周知看板)の違いを
常々セミナーなどでお話していますが
まさしく良い実例だと思い
ブログで取り上げてみました。

電柱看板は道案内(サインボード)
がメインで
医院から遠く離れた場所に
一本だけあっても
まったく目立ちません。
逆に、医院の近くの交差点などに
「次の角左折100m」
といった表示が
3〜5本続くと目に留まると思います。

野立て看板は
医院の存在を知っていただくことが
目的(ビルボード)ですので
目立つことがポイントで
あまり細か過ぎる情報満載も
考えものです。

中電さんの看板もせっかくなので
電柱に20本くらい連続で出せば
とっても目立って面白いかも
と思ってしまいました。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年08月07日

ブログランキング・にほんブログ村へ

ササキ株式会社さんが2017年5月に
「初診の歯科医院を選ぶポイントは?」
というアンケートを実施されました。

対象は全国の一般の男女
(20〜60代)3000人。
この中で、
「初めて行く歯科医院を探すとき
どの順番で情報を探しますか?」
という質問に対して
最初に探す情報は
人に聞くが56.8%
インターネットで検索するが39.2%

次に探す情報が
インターネットで検索するが49.8%
人に聞くが29.1%

という結果が出ていました。

やはり口コミが一番大切で
口コミの情報をネットで検証する
ということが裏付けられています。

74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s

すずたけが考えていることは
今、来院している患者さんを
大切にすることが最優先で、
その口コミを見て下さった方が
ホームページを見た時に
分かりやすい情報をお伝え出来ていることが
大切だと思います。

6月15日に和倉温泉加賀屋さんの
ホームページを取り上げましたが
加賀屋さんのホームページが
本当によいお手本ですね。

診療科によって違うかと思いますが
〇〇の症状で受診される患者さん、
●1度目は〇〇の検査をして
 〇〇くらいの時間がかかる
●1週間後に2度目の受診をして
 〇〇の処置を行う

診療科によって違うかと思いますが
よくある患者さんのパターンを
ストーリーにして
ホームページに掲載すれば
口コミで紹介され
ホームページをチェックして下さる方に
分かりやすいのではないでしょうか。

付け足しですが
グーグルマップを見て
医院を探す患者さんもいらっしゃるので
グーグルマップもネガティブな口コミは
定期的にチェックしましょう。





人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月13日

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近知ったのですが、
グーグルマップで医院を検索すると
地図に口コミが表示されます。

口コミ0件のクリニックがほとんどなのですが
どうしても患者さんが多い人気のクリニックは
様々な方が沢山来院されるため
マイナスの口コミも書き込まれてしまいます。

0edb78038a16d1ff38810709537ab34a_s

噂によると、
グーグルは悪口の書き込みをしやすいみたいで
悪意のある方がよく使うとか。
基本的にネット上の悪口については
無視するのが一番だと思っていますが、
実名できちんとした意見を書いて下さっている方には
グーグルの口コミを読んだから、ということではなく
医院の改善点を教えていただいた、という観点から
対応策を考えていく必要があると思います。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年05月02日

ブログランキング・にほんブログ村へ

バナー広告はホームページとは異なり
お金を支払って出している広告ですので
本当に要注意です。
「〇〇で一番」とか、
他医院と比較する言葉遣いもいけませんし
そもそも広告できる内容そのものが限定されています。
詳しくは医療広告規制をご確認下さい。
厚労省 医療広告ガイドライン

●比較広告
●誇大広告
●広告を行う者が客観的事実であることを
 証明できない内容の広告
●公序良俗に反する内容の広告

最近見つけた残念な広告
「看護募集中」と似ている事例がありました。
「〇〇〇があるのは蒲郡市では〇〇クリニックだけ」
というフレーズですが、
「〇〇〇があるのは蒲市郡では〇〇クリニックだけ」
と地名を間違っているのです。

Inked1_LI



←バナー広告






高いお金を支払った上
広告規制にも引っかかりそうで
しかも地名まで間違っていたら
患者さんの信頼感はダウンですね。
皆さんの看板や広告、改めて誤字はありませんか?
名古屋市が名市古屋になっていませんか?



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年01月14日

ブログランキング・にほんブログ村へ

芋屋金次郎さんのDMはA4版8ページで
写真が多く掲載されています。
商品を売るというよりも自社のポリシーを宣伝している
DM兼広報誌のような存在です。
65016502

こだわりポイントのタイトルを
少しピックアップしてみます。
●芋畑から豊作という嬉しい知らせです。
●届いた芋は、当日掘り。前日堀りが原則。
●一年に一度、出会える風味があります。
●こころひらく芋けんぴ
●喜んでいただけるものをお贈りする喜び。
●芋には芋の、油の、砂糖の。
 素材を選ぶ理由あり。
●自然の猛威の後こそ、
 芋を思う、工場の技術と気遣いです。
●揚げ職人の心意気
●きびしい品質管理室があります
●親しい人やご家族で囲んでいただく
 お得な芋けんぴです。

医療機関と芋けんぴは違うとは思いますが
●院内感染防止のためにこだわっているところ
●院内のお掃除のこだわり
●診療でのこだわり
●お薬でのこだわり

などなどをイラストや画像を多くした院内報を作成すれば
きっと患者さんにも興味を持って下さると思います。

金次郎さんのDMを
患者さん向けの院内報に応用しましょう。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125