医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

建物・設備の工夫 記事一覧

  1. スタッフに他医院の観察を
  2. 誠志会研修 現場を知る その4
  3. 誠志会研修 現場を知る その3
  4. 誠志会研修 現場を知る その2
  5. 「バリアありー」
  6. 傘の要らない駐車場
  7. 院内チェックの視点 目で見ているが脳に届かない その1
  8. 駐車場内での事故防止
  9. BCP 放火
  10. 買い物中転倒 店のせい?

2022年05月23日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPでは仕事柄
スタッフが体調不良で医療機関を受診した際に
「医療機関視察報告書」を提出すれば
お休みではなく出勤なります。

院長先生が
他の医院さんに受診することは
なかなかないと思いますし
訪問先のスタッフも気を遣ってしまいますが
スタッフの受診であれば
その医院のありのままを
チェックできると思います。

目的としては下記の通りです。

スタッフに他の医院の
良い点、悪い点を観察する感覚を
身につけていただく
     ↓
良い点、悪い点を自院に置き換えて
院内改善につなげる


MMPの医療機関視察報告書の
チェック項目です。
ご参考になさって下さい。

●電話対応
●看板、医院前看板
 ・見やすさ
 ・汚れ、破損など
 ・その他
●駐車場、外観
 ・停めやすさ、幅など
 ・動線
 ・植栽、お花
 ・その他
●入口
 ・清潔感 
 ・傘立て(忘れ物)
 ・その他(季節感など)
●待合室
 ・〈ハード〉 ・イス
       ・図書
       ・テレビ
 ・〈ソフト〉 ・受付対応
       ・待ち時間
       ・呼び出し
 ・その他
●診察、検査
 ・説明
 ・心遣い(荷物置きなど)
●トイレ 
 ・掃除道具収納
 ・ペーパータオル
 ・その他
●会計 
 ・待ち時間
 ・対応
 ・帰りの一言
 ・その他

●心に残る一言は?
●その他

magnifier6_girl



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年04月21日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPG誠生会第2班のまとめ。

「現場を知る
〜400を超す患者アンケートと
 先生の工夫実例に学ぶ〜」

500人のアンケートも勉強になりますが
最期に様々な医院でされている
工夫事例のいろいろが付いています。

駐車場では
・カーブミラーの設置
・U字型の白線を引く
・直角ではなく斜めに頭から駐車
・無料駐車券
などなど。

玄関入口は
・下足とスリッパが一緒にならない様に2段式

受付けは
・問診表を記入しやすいスペース

待合室
・雑誌類は寝かせて陳列する。
(立てておくと雑誌の痛みが早い)

他、診察室・トイレ・説明の仕方
応対・待ち時間・検査・予約
清掃・掲示物・その他

200項目以上の工夫事例が
まとめられています。

とっても良い研修会でした。

22401288_l




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年04月20日

ブログランキング・にほんブログ村へ

今のすずたけのコンサルスタイルの原点が
このレポートに圧縮されていると思います。

「患者さん言いたい放題」のコーナーには
500人を対象にしたアンケートでも
200項目近いコメントが書かれており
患者さんの本音が見え
とっても良い内容でした。
「患者さん言いたい放題」アンケート結果↓

駐車場は?
 診察のときは駐車券がもらえるので
 駐車場代が無料になりよかった。

玄関・入口は?
 スリッパの滅菌灯使用に好感がもてた。

待合室は?
 他の人の病気がうつるのが気になるので
 特に隔離に気をつけて欲しい。

診察室は?
 診察室が完全に仕切って無く、
 他の患者の話がつつぬけだった。

トイレは?
 トイレに手でつかむ取っ手があれば
 膝が痛いとき楽。

その他の意見
 BGMがFMラジオなのが良かった。

診察内容の説明
 時には模型、本を取り出して
 わかり易く説明してくれるので
 信頼しています。

待ち時間
 待ち時間の表示、及び呼び出しの番号の
 経過状況の表示に工夫が欲しい。

先生に一言
 先生に話を聞いていただくと
 気分も良くなり、ありがたいです。
沢山あるため
書ききれませんが
他院に関するコメントでも
この内容を読むと
とても参考になります。

つづく
qa_clipborad_anke-to_woman




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年04月19日

ブログランキング・にほんブログ村へ

MMPG誠志会は
医療系のクライアントが多い
会計事務所の若手スタッフの勉強会。
「現場を知る」発表も
東海北陸地区の会計事務所から選ばれた
7名のメンバーでした。

この「現場を知る」は
誠志会委員長
名南経営 奥村さんの方針がきっかけで
スタートしました。

患者さん500人から
かかりつけ医療機関をイメージして
アンケート調査を実施しました。

アンケートは
1.施設編
2.態度編
3.清潔感
4.納得感
それぞれに7〜8項目、そして
このうち最も重視するものは?
という質問をプラス。

例えば

施設 
2.駐車場は停めやすかったですか?
7.診察室の中に荷物置きがありましたか?

態度
1.受付の対応に、好感がもてました?
4.診察内容の説明は充分でしたか?

清潔
4.掲示物はきちんとメンテナンスされていましたか?
6.空気清浄機の設置等の気配りはありましたか?

納得
3.待ち時間に対する工夫を感じましたか?
6.処置、服薬に関する説明は、充分でしたか?

そして言いたい放題の欄に
よかったと思うこと苦情等
何でもお書きください。
というA4、1枚のシンプルなアンケートでした。
20220413101846

つづく


   



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年04月15日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2022年3月20日付『日本経済新聞』に
iPS細胞を研究している
眼科医の高橋政代さんが
取り上げられていました。
記事より引用致します。

困難の先を見つめ走る
高橋政代さんは世界に最も名の知られた日本の眼科医だ。iPS細胞を使って網膜の細胞のシートを作り、2014年に患者に移植する最初の手術に成功した。ただ、そこにとどまらない。成果を患者に届けようと新会社を設立し、経営者としての道をひた走る。
その後、2017年に
神戸アイセンター病院を開業したのですが
普通な眼科病院なら
バリアフリーが当然ですが
高橋さんは「バリアありー」に
こだわったそうです。
記事より
 ビジョンパークの広さは約500平方メートル。入り口から中を一望しても、ここが病院の受付だという雰囲気を全く感じることがない。高橋さんはビジョンパークを作る際に患者だけでなく、一般の人もふらりと立ち寄れる場所にしたかったという。そのため、設計を担当した建築士の山崎健太郎さんには、「(おしゃれな雰囲気の)『アップルストア』みたいなものにして」との要望を出した。
 医療施設だと段差などをなくした「バリアフリー」が当たり前だ。しかし、ビジョンパークには階段やベンチ、果てはクライミングウォールまでが設置されている。高橋さんはこの空間を「バリアありー」と呼ぶ。ここに集う人たちが、安全に配慮する意識を抱くようになってほしいとの願いを込めた。
 点字本や音声図書、香る絵本、コントラストのはっきりした写真集など約500冊の書籍も自由に利用できる。選書はブックディレクターの幅允孝さんにお願いした。
以前、見学に伺った
病院のリハビリスペースも
わざと畳の和室で
入口に段差を設けていて
お布団を押し入れから出す、という
バリありーのデザインで
高齢者がご自宅で生活できるよう
リハビリをしていらっしゃいました。

「バリありー」も大切だと思います。

神戸アイセンター
↑ 神戸アイセンター病院様
画像引用元:https://taiji-fujimori.com/space/vision-park/



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年03月30日

ブログランキング・にほんブログ村へ

医療機関には
車イス用の駐車スペースを
確保されているところが多いですが
雨天時は要注意です。

碧南市民病院の駐車場はさすがです。
傘をささずに
駐車場から院内まで
ずっとルーフ付きのルートがあります。

車イスの患者さんを
車から降ろそうとすると
ハッチバックで後方のルーフが上がれば
傘代わりになりますが
後部座席にお年寄りが座っていて
車イスをトランクから出して広げて移動、
という作業をしていると
2人でサポートしないと
雨に濡れてしまいます。
IMG_0067
IMG_0068
IMG_0069

ということで
開業予定の先生は車イスや
自転車置き場などから
院内ルートは傘なしで動けるように
すでに開業していらっしゃる先生も
ルーフ工事を検討なさって下さい。







人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年03月18日

ブログランキング・にほんブログ村へ

すずたけが
クライアント医院さんに訪問した際は
出来るだけ院内チェックをしています。

スタッフが気づかない患者さん視点で
・駐車場
・出入口
・下駄箱
・待合室
・トイレ
・診察室
などをぐるっとチェック。

・床の汚れ
・壁紙の剥がれ
・天井
・ライト
患者さんがベッドで横になった時
天井電気のカバーの中に
虫の死骸がポロポロは気になります。

トイレも男性用をチェック。
(女性のスタッフはチェックしにくいため)

ということで
スタッフの視線だけで見ていると
目には映るのですが
脳が認識しないパターン。

また、患者さんには見えない
スタッフだけが目にする
奥の滅菌消毒コーナー。

やはり医院をきれいに感じ良くするためには
患者さんの視点とスタッフの視点
そして
虫の視点と鳥の視点、
この4つをしっかり意識して
院内をチェックすると良いと思いました。
pose_yubisashi_kakunin_businessman




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2021年12月27日

ブログランキング・にほんブログ村へ

医院の駐車場をチェックしてみると
出入り口のブロックに
キズが付いているのはあるあるですが
駐車場の壁にキズが付いていたり
ポールが曲がっていたりすることもあります。

最近では
高齢者ドライバーの
アクセルとブレーキの踏み間違いで
コンビニなどの店舗に
突っ込んでくる事故もありますが
クリニックでも同じ様な事故が発生しています。

少しでもその様な事故を減らすために
車止めのブロックを設置することも
1つの対策になります。

ブロック自体は1つ5000円(車一台分で1万円)
工事費は4万円
(何台分かは
 駐車場の構造等により、まちまち)
が相場みたいです。

患者さん用の駐車スペース15台分
ブロック台15万円プラス工事費4万円×〇

修繕費の範囲内で
車止めブロック工事を
進めていくと良いと思います。

22401288_l



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2021年12月22日

ブログランキング・にほんブログ村へ

12月17日に発生した
大阪のクリニックでの放火事件。
本当に悲しい出来事です。

亡くなられた方々のご冥福を
お祈りいたします。

令和3年3月19日に
岡崎市医師会での講演
『クリニック防災・減災・BCP』のレジュメの中で
火災の訓練はまさしく
この事件の通りを想定していました。
『クリニックの防災・減災・BCP』210316
『クリニックの防災・減災・BCP』210316-2
受付側からガソリン(灯油)をまかれて
火を付けられた。
さあ避難誘導をどうするか、という流れです。

2ヵ所の避難経路があれば良いのですが
今回の様なレイアウトの場合
窓に「オリロー」などの
非常用はしごの設置が必要と気づきました。
全員の避難は無理かもしれませんが
一つでもおおくの命が助かればと思います。





人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2021年12月07日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2021年11月12日付『日本経済新聞』
「スコープ」のコーナーに

買い物中転倒 店のせい?

高齢化の進展で事故増
「店・客とも危険認識を」
という記事が掲載されました。
記事より引用致します。 
スーパーで転んでけがをしたのは、床が滑りやすかったせいか、不注意からなのか。店舗内の転倒事故を巡って近年、負傷した客が店に損害賠償を求める訴訟が相次いでいる。訴えを認める判決もあれば退ける例もあるが、トラブルを避ける上で店側には小まめな清掃や危険個所の把握が求められる。
サニーレタスの水が垂れて転倒
 →約2100万円の支払い

かぼちゃの天ぷらで滑って転倒
 →想定しがたい。店側の勝ち。

これまでは病院、介護事業所などでの
転倒に関しての訴訟がありましたが
・イスから立ち上がる
・車から降りる
・転ばないように歩く
など、基本的な動作は本人の責任、というのが
医療機関側の弁護士さんの
基本的なスタンスでしたが
コロナ後の影響もあるかもしれませんが
患者さん側の権利意識が高くなっており
この様なトラブルが増えてきているようです。

転倒が予想できるかどうか、
予想できる場合
回避措置を講じているかどうか。

入口でスリッパを履き替え
 →イスと手すりを設置

入口の階段
 →スロープ設置。
  スペースがなければインターホン設置。
  「介助が必要な方はインターホンでお呼び下さい」
  と掲示。

などの細やかな対応が
大切なご時世になりました。

obaasan_korobu




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125