医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

歯科医院経営のコツ 記事一覧

  1. 理想の歯科衛生士さん人数
  2. 令和4年歯科疾患実態調査 その2
  3. 令和4年歯科疾患実態調査 その1
  4. 歯科経営専修講座
  5. 歯科プロサポーター 24人
  6. 定期健診、清掃、メンテナンス
  7. 歯科医院経営基本講座
  8. 富士山の魅力をクリニックに その2
  9. 歯科経営指標
  10. 原価率・人件費率

2023年08月23日

ブログランキング・にほんブログ村へ

厚労省のデータから見ると
8020はかなり達成できてきたので
虫歯の治療ではなく
予防、口腔機能の維持という方向に
歯科医院経営は向かっていく必要があると思います。

そして、定期予防管理をしていくためには
チェアと衛生士さんの充実は欠かせません。

衛生士さんがいない医院さんには
新しい人は入社してくれない。

衛生士さんが1人だけの場合も
人間関係が大きく影響。

すずたけの意見としては
衛生士さん6人以上がベストかなと思います。

DH3人体制で1人退職した場合。
1人入職で1人が指導だと
実質マンパワーが3分の1になってしまいますが
DH6人体制ですと
1人退職1人入職しても実働4人ですが
レセコン入力操作などを考えると
チェアが余ることはないでしょう。

そしてチェアは6台以上がおすすめです。

これは公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会の
歯科経営指標からも
チェア3台だと
1台当たりの年間収入は1500万円ですが
チェア6台になると
1台当たりの年間収入は2000万円に増えます。

そして院長先生が治療で1台〜2台使用。

4〜5台を6人の衛生士さんが
定期予防管理で使用。

このパターンがこれからの歯科医院経営の
ベースになると思います。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2023年08月22日

ブログランキング・にほんブログ村へ

令和4年歯科疾患実態調査より
子供達の虫歯は大幅に減っていますが
後期高齢者の虫歯は増加傾向です。

      1993年  2022年
5歳〜9歳  36.3% → 2.5%
10歳〜14歳 86.4% → 31.7%
75歳〜84歳 54.5% → 88.4%
85歳以上  39.4% → 83.8%
0809133514

これは8020達成が近づき
高齢者に歯が残っているためでしょう。

ということから
歯周ポケット(歯周病)の割合は

15歳〜29歳  22%
30歳〜64歳  40%
65歳以上   55%
0809134155

と年齢が上がるにつれて増えてきます。

この歯科疾患実態調査からも
これからの歯科医院経営は
虫歯の治療ではなく
中高年・高齢者の定期的な口腔ケアへの取組が
大切なポイントになることが
浮かび上がってきます。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2023年08月21日

ブログランキング・にほんブログ村へ

令和4年歯科疾患実態調査が
厚生労働省から発表され
日本歯科新聞さんに取り上げられていました。

歯科医院のこれからを考えた場合
歯科の国家試験の合格者が2000人に減り
女性の合格者の割合が
どんどん増えているため合格者3000人の頃
開業割合が90%以上だった歯科医師ですが
恐らく女性歯科医師の開業割合は
2〜3割以下だと思いますので
開業する方の割合は
半分以下になるのではないでしょうか。

この流れの中でも全国民の歯科検診や
「健康寿命」を延ばすキャンペーンなどから
歯科医院に定期通院される方が
増えると思います。

1.歯や口の状態について気になること
 総数から、「ある」は41%
 「ない」は59%ですが
 %だけ計算すると
 1〜19歳の「ある」は22%ですが
 30歳〜64歳の働き盛り年代は2倍の44%
 65歳以上も同じくらいの43%
0809105424

2.歯科検診の受診は
 総数から受けた者58%
 (男性52%、女性63%)
 1〜19歳 76%
 30〜64歳 50%
 65歳以上 57%
0809105154

この2点から
若い方は気になることは少ないけど受診している。
30〜64歳の年代は
気になることがある人は受診している。
表から見ると
70歳から上の方は
年齢が上がるにつれて
受診率が下がっています。

働き盛りの方と(特に男性)
高齢者に受診していただくことが
これからの歯科医院経営の
ポイントになりそうです。

つづく



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2023年08月09日

ブログランキング・にほんブログ村へ

公益社団法人
日本医業経営コンサルタント協会の
ホームページがリニューアルされ
とても見やすくなっています。

医業関係者の方へ
  ↓
歯科関係者の方へ
をみると基本講座、専修講座の案内があります。


協会HP、歯科経営専修講座より引用

当研修では、歯科医院経営の基本事項から発展し、より経営に資する知識・知見を得る研修内容となっております。また、研修の名称が「歯科経営専修講座」となってはおりますが、医科診療所でも参考にできる内容もございます。
なお、当研修は個別販売となっております。ご興味のある講義をご受講ください。


本講座は動画配信にて行っております。お申込みフォームより必要事項をご入力いただき、受講料をお振込みいただきましたら、講座視聴サイトをご案内いたします。

受講対象:認定登録 医業経営コンサルタント、金融業、士業、歯科関係者
1講義につき5,500円(税込)
※個別の講義販売のみ承っております。
 受講料のお振込先はお申込みフォームからご確認ください。
◎受講お申込みフォーム◎

すずたけは下記を担当しています。
講義9
「チーム力アップのためのマネジメント」収録時間161分】

講師:株式会社MMP 代表取締役 
         認定登録 医業経営コンサルタント 鈴木 竹仁

よろしければダウンロードなさって下さい。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2023年04月28日

ブログランキング・にほんブログ村へ

日本歯科新聞社さんの本
『「歯科プロサポーター」24人に聞いた
  よくある経営の悩みと解決法』

 Q&A形式・1ページ完結なので、悩み解決のヒントにすぐたどり着けます。自分に合ったプロサポーターを探す一助にも!


Web キャプチャ_26-4-2023_10420_dentalnews.shop


動画がアップされました。
残念ながら音声OFFで撮影してしまったようで
映像のみとなりますが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=pH0ZRWR6K9s

歯科のコンサルタントで超有名な
小畑先生や岩渕さんと同じ所に
名前が並ぶなんて
とっても嬉しく思います。
「開業」から「閉院」まで一冊で!
1.開業、移転
2.リニューアル
3.WEB・広告
4.来院者を増やす
5.自費の導入
6.スタッフ関連
7.指導監査
8.会計資金繰り
9.承継・売買・閉院






人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年11月29日

ブログランキング・にほんブログ村へ

口腔機能を維持するために
3ヶ月に1回、4ヶ月に1回
定期通院をしていただくことが大切ですが
この定期通院の呼び方を
考えるべきだと感じています。
・お掃除
・クリーニング
・定期健診
・メンテナンス
などなど。

「お掃除」や「クリーニング」は
医療機関としては?ですね。

「定期健診」は1年に1度で良いのでは?
と思ってしまいます。

「メンテナンス」は自動車王国の愛知県では
自動車の6ヶ月点検、1年点検のイメージ。

1つの案として
「予防治療」がありました。

できれば
日本歯科医師会などで名称を公募して
全国民に周知すようなキャンペーンを
していただけると嬉しいですが
それぞれの医院さんで
スタッフと一緒に呼び方を考えてみると
良いと思います。

doctor_haisya_shikaeisei



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年11月18日

ブログランキング・にほんブログ村へ

公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会
歯科医院経営専門分科会では
令和4年度も歯科医院経営基本講座を開催致します。

今年は会場でのセミナーではなく
DVD販売になります。
講義
医療保険制度と歯科医療政策
講師:恒石 美登里氏

講義
歯科医院経営者の条件/人として・人格者として
講師:永山 正人氏

講義
健全経営と戦略的マーケティング
(健全経営)講師:鈴木 竹仁
(戦略的マーケティング)講師:坪島 秀樹氏

講義
歯科医院の組織・人事管理
講師:木村 泰久氏

講義
歯科医院の経営法務と責任(リスクマネジメントを含む)
講師:清水 正路氏

講義:
財務・会計(財務を含む)
講師:角田 祥子氏

皆、歯科医院コンサルのベテランですので
歯科医院の経営に必要な知識を
わかりやすくお伝え致します。

このブログアップの時点で
販売されているか未定ですが
詳しくは協会HPをご確認ください。
公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会 (jahmc.or.jp)



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年08月30日

ブログランキング・にほんブログ村へ

富士山の山頂は
世界中に比べるもののない形です。

天辺の尖った山々は沢山ありますが
富士山の様にきれいに平たい山は
見たことがありません。

ということで
クリニックという組織を考え時に
トップは当然院長先生ですから
医院の山頂は院長です。

1人ですべてを仕切っている組織であれば
エベレスト式。
世界で一番の高峰であっても
山頂に近づくのは容易ではありません。

エベレストに比べて富士山は登りやすく
しかも5合目、七合目、八合目と
山頂にどのくらい近づいたかがわかる
尺度もあります。

1人ですべてを仕切るワンマンタイプではなく
看護チーフ、受付チーフと3人が並んでいると
ちょうど富士山型の山頂になると思います。

もしかしたら
宝永口は院長夫人かもしれません(笑)

平らな山頂を目指しましょう。
2018-06-11 07.11.31

目黒 爺々が茶屋



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年08月19日

ブログランキング・にほんブログ村へ

(公社)日本医業経営コンサルタント協会
歯科経営専門分科会で
2年に1度実施している歯科経営アンケートが
手許に届きました。

歯科医院の経営分析をするために
とっても大切なエビデンスが見える指標です。

財務データプラス
・院長先生の年代
・医院が戸建てかテナントか、面積
・駐車場台数
・ユニット台数
・カウンセリングコーナー
・診療時間の長さ
・HP、SNS、野立て看板
・チェアタイムやインプラント、矯正、訪問
・スタッフの内訳
・CT、レーザー、CADCAM,マイクロスコープ
そして
レセプトデータと財務データも重ねています。

20220817125933
20220817124751


◆診療時間の長さと収入の相関は薄い
◆チェア台数と収入の相関は強い
といったデータがしっかり見えます。

アンケートにご協力いただくと
データがいただけますので
皆様、ぜひご協力下さい。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2022年08月17日

ブログランキング・にほんブログ村へ

この頃
会計事務所さん関係の記事で
医療機関の原価率や人件費率を
取り上げていることがしばしばあります。

原価率、人件費率が高いのは良くない、
という論調が多いのですが
例えば歯科医院では
感染症拡大以前から
滅菌消毒をしっかりしていた医院さんは
原価率が高めです。

予防中心の診療体系は原価率低め。

補綴中心で原価率高めになるのは当然ですが
滅菌消毒のコストを削るのはNGです。

また、人件費率は
看護基準の高い病院は
70%近くになることもありますし
歯科衛生士さんが
複数人いる歯科医院でも
人件費率が高めになります。

看護基準がその他の病院や
衛生士さんゼロの歯科医院は
人件費率が低くなります。

ということで
財務の数字だけで一律に指導するのではなく
適切な診療体制であるかが
大切だと思います。

job_kaikeishi_man



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125