医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

介護・福祉事業経営のコツ 記事一覧

  1. もう3Kとはいわせない 5Kといわれる介護施設の秘密
  2. デイサービス男性利用者さん増加作戦
  3. 介護療養型の病床転換
  4. 介護事故対応パーフェクトガイド
  5. フラダンスの魅力(デイケア、デイサービスのプログラム)
  6. ホームドアと視覚障がい者
  7. 障害があるからできる
  8. NHK学園のカリキュラムをディに応用
  9. 特養(老人福祉施設)の入居待ちの疑問
  10. バリアアリー(バリアフリーではなく)

2017年06月26日

ブログランキング・にほんブログ村へ

「もう3Kとはいわせない 
5Kといわれる介護施設の秘密」
フジモトゆめグループ代表
社会福祉法人 隆生福祉施設 理事長
藤本加代子とエスコート達 著
PHP研究所 刊

眼科医のご主人、
順調な開業が44歳という若さで
亡くなられてしまった後の
”ゆめ”を実現するためのがんばり。
介護というお仕事の素晴らしさが
伝わる本でした。

本の表紙からご紹介致します。

(5K)
きれい、
かっこいい、
給料が高い、
健康になる、
感謝される

ここにゆめがある
「こころざしの花」を胸に抱いて・・・笑顔で働いています!

帯紹介を致します。
福祉先進国フィンランドから
見学者・研修生殺到!

隆生福祉会の介護がフィンランドの
教材にも選ばれた!

読んだら入りたくなる、
働きたくなる介護施設
第1章 想像力の経営・母性の経営で”ゆめ”を実現
第2章 世界に羽ばたく隆生福祉会
第3章 3Kから5kへ、そして、介護を楽しむ
第4章 妊娠・出産・育児・病気・家族の介護等、
     何があっても「安心の制度」で大丈夫!
第5章 フィンランドとの交流と学び
第6章 「介護は天職だ!」


実は本文の58ページ目には
とっても偶然なのですが
「江戸しぐさ」が紹介されていて
隆生福祉会では、
介護施設用にアレンジして
「ゆめしぐさ」と名付けられて
職員さんの行動指針にされているそうです。

NPO法人江戸しぐさの越川先生と
親しくさせていただいているすずたけは
とっても嬉しい本でした。


幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年06月22日

ブログランキング・にほんブログ村へ

一般的には、デイサービスの利用者さんは
女性が7〜8割で男性は少数派です。

・年寄り扱いされたくない
・面識のない人と一緒に過ごすことが苦手
・親しくない方の前で自分の出来ない姿を
 見せることが嫌
・デイサービスのプログラムが楽しくない
などの理由があると思います。

逆に女性の高齢者の方が
人との交流や地域との接点も多く
ボケにくいと思いますが、
会社での人脈が中心だった男性は
定年後、地域との交流も少なく
閉じこもりがちです。

このため、男性の健康寿命を延ばすためにも
デイサービスなどを積極的に
利用していただくと良いと思います。

男性の利用者さんを増やすためには
・仲間がいること
・囲碁・将棋・マージャンなど
 親しい友人との勝負事
・タオル体操や風船バレーではなく
 パソコン教室や趣味の時間
・一人で座って新聞を読んで過ごせるような
 スペースの確保
など。

すずたけはいつも
デイサービス・デイケアのプログラムを
ユーキャンやNHK通信講座をヒントに
充実させると良いと思っています。
シンプルにまとめると
文化部、運動部、帰宅部です。
書道や絵手紙、俳句、カラオケや楽器演奏
などなどの文科系レク。
ヨガ、卓球、ダンス
(豊橋では、車椅子のダンスサークルもあります)
などの身体を動かす運動系レク。
読売新聞、日経新聞、朝日新聞、
中日スポーツ、日刊スポーツ
など新聞を一日読んで過ごす帰宅部。

この様に男性の利用者さんの一日をイメージし
「ココへ来れば楽しく一日過ごせる」
といった、プログラムを充実すると
男性の利用者さんも増え、
事業所側もプラスになり
また、閉じこもりがちな高齢男性にも
プラスになると思います。

seniorcar_man



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年06月05日

ブログランキング・にほんブログ村へ

5月21日(日)に日経ヘルスケア主催の
日経ヘルスケア特別セミナー
「地域医療構想と2018同時改定をどう乗り切る
病院サバイバル時代の経営戦略
急性期、回復期、慢性期の医療機能ごとに将来構想を学べる1日」
がありました。

講師はお2人です。
工藤高 氏(株式会社MMオフィス代表)
渡辺優 氏(株式会社メディチュア代表取締役) 

もう介護療養病床廃止まで10ヶ月しか残ってないのに
具体的な「収入」「施設基準」「人員基準」「移行期限」などが
曖昧なままで、正直なところ右往左往です。

そのためか、研修会場は(かなりお高いお値段にも関わらず)
ほぼ満席の大盛況でした。

お2人の講師が
●青森県青森市
●岡山県岡山市
●神奈川県川崎市
●長崎県長崎市
●高知県高知市
の具体的な病院をモデルとして取り上げ
病床稼働率や平均在院日数、DPCのデータなどから
今後の生き残り策を検討する内容でした。

やはり病床の将来を考えるためには
その地域の人口構成や将来推計、
競合病院の存在も大切ですが
そもそも自院の人気が低かったら駄目なので
やはり基本中の基本「CS向上」はどの方向へ進むとしても
しなくてはいけないことだと感じました。

f298100632d085c3b3cd3a5182f39eb9_s



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年04月27日

ブログランキング・にほんブログ村へ

介護事業所で利用者さんが
転倒したりケガをしたり、という場合の対応について
ご相談が少しずつ増えてきています。
そんな際にいつも参考にさせていただいているものが
日経ヘルスケアの
「失敗から学ぶ介護現場の事故対応ABC」
のコーナーです。
そのコーナーをまとめた本が出版されました。

介護事故対応パーフェクトガイド
著者 山田滋
出版 日経BP社



帯紹介を致します。
80の失敗事例からどう対応すればよかったか見えてくる!
介護にまつわる事故・トラブルへの対策を徹底解説!
●失敗事例から対応ポイントを学べる
●リスクマネジメントの専門家によるノウハウが満載
第1章 総論
トラブル急増の背景と対応マニュアル整備の必要性

第2章 介護事故対応マニュアル作成のポイント
今すぐ準備を!対応マニュアル作成のポイント

第3章 介護事故の過失判断
起こりがちな介護事故30例に見る過失判断の基準
過失とみなされる事故・みなされない事故
事例で考える介護事故の過失判断

第4章 事例から考える介護事故対応
38の介護事故事例から学ぶ「どう対応すればよかったか

第5章 誤嚥事故対策
誤嚥事故の発生防止・事故後対応の要点

第6章 感染症対策
インフルエンザ、ノロウイルスの蔓延を防ぐ!
感染症対策
さすが、日経ヘルスケアです。
介護事業所でこのコーナーの実例に基づいて
皆でどうしたらいいか、どうすべきだったかを
勉強会で取り上げるべきだとお勧めしています。
この本であれば、事例が沢山取り上げられていますので
毎月、一つずつ事例を取り上げて研修を繰り返していれば
とても役に立つ内容になっています。




幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年03月18日

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の高齢者はモダンな方が多く、
デイケア、デイサービスの集団レクリエーションのレベルでは
ちょっと「?」というご意見も耳にします。

いつもNHK学園やユーキャンの通信講座を
このブログでもご紹介していますが、
最近、すずたけの周囲でもフラダンスが流行っていて
少し注目しています。

そんな折、とよはし中日文化センター
4月受講生募集の広告が入っていました。
中を見るとダンスのコーナーには
●初心者にもおすすめ!ジャズダンス(女性)
●フォークダンス
★アロハ!フラダンス
★ゆうゆうフラダンス
★ハワイアンフラダンス
★タヒチアンダンス
★アロハフラ

●ベリーダンス
●タップダンス
●誰にもできるやさしいフラメンコ
●ボールルームダンス 初級 上級
●大人のバレエ
●大人のためのやさしいバレエ ビギナー・初級コース
●クラシックバレエ

そうなんです。
フラダンスだけでも5コースもあるのです。
デイケア、デイサービスでフラダンスを踊るのも
とても楽しそうですね。
(ご覧になっている男性利用者さんも
楽しめそうですね)
fuladance_obaasan



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2016年10月17日

ブログランキング・にほんブログ村へ

少し前ですが
2016年8月27日付、『日本経済新聞』に
「ホームドアない駅 視覚障害者が死亡」
という記事が掲載されていました。

記事より引用させていただきます。

「ホームドアがあれば防げた」。
全国の視覚障害者団体が加盟する
日本盲人会連合(日盲連)の
橋井正喜常務理事(65)は
19日、事故現場の東京メトロ銀座線
青山一丁目駅(港区)を調査し、
ため息をついた。

今年3月時点で
ホームドアのある駅は全国に665駅。
10年前の318駅から倍増した。
だが、全国で9千超、
首都圏だけで2千近い駅がある中では、
普及は道半ば。
駅の構造や費用が壁になっている。
理想的には、
全国の駅すべてにホームドアが設置されれば
問題解決するのかもしれませんが
少し違和感を覚えます。
ホームドアの次は、交差点ドアになるのではないか
ということです。

個人的な感想としては、
ホームドアの設置や
バリアフリーのスロープ設置といった
「ハード」の問題ではなく、
 ●目の不自由な方が
  危ないところを歩いていたら声を掛ける
 ●車イスの方が
  階段の前で止まったら手助けする

hakujou

といった「心」の問題だと思うからです。
何千億というお金を駅のホームドアに
投資をするのも良いのですが
教育にも少し手間をかけた方が
良いと感じています。



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2016年10月13日

ブログランキング・にほんブログ村へ

10月2日に
『平成28年度蒲郡市障害者
差別解消法講演会』
がありました。

椙山女学園大学
人間関係学部・人間関係学科
准教授 手嶋雅史先生の
「障がいのある人もない人も
共に暮らせる地域社会へ」
というテーマのとってもわかりやすいお話しでした。

ノーマライゼーションとは
障害者や高齢者がほかの人々と
等しく生きる社会・福祉環境の
整備、実現を目指す考え方とのこと。

「障がい」が医学モデルから
社会モデルに変化してきていることや
鳥取県の作成した、
障がい者の方への対応のビデオなども
ユニバーサルサービス研修の参考になりました。

少し前になってしまいましたが
2016年9月5日付『日本経済新聞』の
新興人図鑑のコーナーに
ミライロ社長、垣内俊哉さんが
取り上げられています。

垣内さんは生まれつき骨がもろく、
小学4年生までは歩けたが、
その後は車いすの生活なのですが
「障がいがあるからできる」という
前向きに考えをどんどん広めていらっしゃいます。

すずたけもお手伝いを
がんばりたいと思います。
kaigo_barrier_free



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2016年09月19日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2106年9月3日付『日本経済新聞』に
NHK学園生涯学習通信講座の
全面広告が出ていました。

毎回、この広告が掲載されると
デイサービス、デイケアのプログラムに
ぴったりだと思って拝見しています。

NHKが高齢者の興味があるテーマを
自然に選んで下さっていますし、
又、最近の高齢者は好奇心もたくさんあり
勉強熱心な方が多いからです。

文芸では
  短歌・・・日々の想いを31音に込めて。
  俳句・・・どなたでも作れるようになる。
  川柳・・・川柳は「五・七・五の人間詩」
  絵手紙・・・ヘタでいい、ヘタがいい!
  古文書・・・難解な「くずし字」解読のコツを無理なくマスター。
  もういちどEnglish!・・・やり直しの決定版!
  自分史・・・ご自分の生きた「証」を残したい人に。

他にも、写経、写仏、くらしのつづけ字
など、デイサービスのプログラムにあれば
きっと楽しんでいただけるのではないでしょうか。
group_old



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2013年11月07日

ブログランキング・にほんブログ村へ

ここ2、3年に開設された 特養(老人福祉施設)が、
入所者があまりいなくて、老健や、グループホームから
引き抜きをしているという話をしばしば耳にしていました。

2013年10月23日付けの日本経済新聞の記事を読み、
やっぱりと思いました。

日本経済新聞の記事引用より抜粋

交付金活用、地域密着型の介護施設
(小規模多機能と認知症対応デイ)326施設
利用率50%未満、8割(255施設)
うち利用率30%未満、94施設
一度も利用がない事業所8施設、昨年度末の休廃止8施設

これは、小規模多機能の事例ですが、
高齢者が多いからと安易に補助金を受け取ってスタートした
事業の厳しさを表していると思います。

サービス付高齢者住宅も、ある意味、同じではないでしょうか。

補助金が出るからという理由で、飛びつくのは要注意です。



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2013年09月07日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年9月4日付 日本経済新聞「迫真 地方発 成長のヒント3」にて

作業療法士の藤原茂さんが理事長を務める社会福祉法人
夢のみずうみ村が取り上げられていました。
http://www.yumenomizuumi.com

*日経新聞記事より引用

「通ううちに要介護度が軽くなる人が多い」まれな施設
「上げ膳据え膳」が介護施設の主流だが、
それでは利用者の生活力は戻らない。
手厚い介護が逆に生活力を奪う矛盾を経験した藤原が
「自ら動き、選ぶことで回復できる」
仕組みを編み出した。

デイサービスセンターでは、
廊下には手すりがなく段差も多い。
利用者は家具などにつかまりながら歩く。
昼食時には足の不自由な人ですら歩いて自分の料理を運ぶ。
「バリアフリーならぬバリアアリーです」と藤原は笑う。
施設での過ごし方もお仕着せではない。
陶芸や料理教室、プールなど200種類以上から、
本人が考えて選ぶ仕組みだ。

すずたけは、いつも100種類以上のプログラムと言ってきましたが、
200種類以上ですね。
しかも、「バリアアリー」で。納得です。



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125