医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2021年07月26日

ブログランキング・にほんブログ村へ

コロナの感染予防対策として
「定期的な換気」「窓を開ける」と
言われていますが
歯科で口腔内の治療をする場合
外気が普通に流れてしまうと
院内感染の可能性が高くなる。

同様に注射などの多い医院さんでも
外気に触れる方が
院内感染の恐れが高まる。

とのお話を伺いました。

ある意味
医療機関にとっては当たり前ですが
それをどの様に、患者さんにお伝えするか、
が大切なポイントだと思います。

待合室に雑誌を置いてある場合
消毒ボトルを横に置き
「雑誌を手に取る前に
 手指消毒をお願いします。」と掲示。
「読み終わった雑誌は
 清拭して棚に戻しますので
 受付にお戻し下さい。」など。

「空気中の雑菌が治療室へ入るため
 当院では窓を開けての換気は行いません。
 そのかわりに、空気清浄機で空気中の除菌を
 常に実施しています。」

など、いかに
患者さんに情報をお伝えするかが
大切だと思います。
文書13








人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125