医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2021年01月12日

ブログランキング・にほんブログ村へ

NPO法人日本のこころ江戸しぐさの
副理事長のすずたけです。
(いつの間にか副理事長になっています(笑))

今年の江戸しぐさのカレンダーのテーマは
コロナ禍もあり
また、相手をけなす風潮も
強くなっていましたので
「平和・健康・おつきあい」にしました。
(因みにタイトルは
 5・7・5になっています(^^))

江戸しぐさの
健康に関する言葉をリサーチすると
キリがないくらい山盛りです。
個人的には
川家康が感染症対策として
欧米との交流窓口を
出島に絞り込んだのではないか、
と思い付きました。

それは、国を閉ざしていたにもかかわらず
外国(とつくに)の事情を
ここまで理解しているからです。
(江戸しぐさカレンダーで探した錦絵では
 フランス人はワインを飲んでいる、
 など沢山ありました。)

2020年12月20日付『日本経済新聞』に

感染症 古文書に知恵探る
という記事が出ていました。
記事より一部引用致します。
出版文化が栄えた江戸時代には疫病の予防法や病気中の心得などを記した出版物が多数刊行された。江戸後期にはコレラが流行し、文政5年(1822年)には鎖国下にもかかわらず日本に入った。100万人以上が暮らす江戸にコレラの脅威が及んだのは安政5年(1858年)。米国のペリー艦隊に属していた艦船が中国を経由して長崎に入った際、船員にコレラ患者が発生した。江戸の死者数は3万人とも言われる。
歴史は繰り返されるのですね
過去から学ぶことを
大切にしたいと思います。

kurofune



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125