医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年05月13日

ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年4月5日付『日本経済新聞』に

厚生年金 156万人加入漏れ
企業の負担逃れなお
17年推計 中小零細、指導厳しく
という記事が掲載されました。
記事より一部引用させていただきます。
厚生年金は法人事業所や従業員5人以上の個人事業所主に加入を義務付けている。
にもかかわらず、加入を逃れて疑いのある事業所は18年9月時点で約40万に上る。
厚生年金の保険料率は18.3%で、企業と従業員が折半する仕組みだ。企業が負担を減らすため、意図的に加入しないことが多い。
国民年金のみの場合、保険料を40年間満額納めてもらえるのは1人あたり月額約6万5千円。厚生年金は上乗せされる形で、標準的な夫婦世帯の年金額は月22万1504円になる。

加入逃れの疑いのある事業所は15年9月時点で約79万あった。15年度から国税庁の情報提供を受け、加入指導を強化。実務を担う日本年金機構が電話や訪問で加入を求めるなどして3年間で未加入事業所は半減した。
「医療法人にすると
国民年金の負担が増えるから損だ」 
との言葉をよく耳にしますが
もはや、その様な損得を言う医院には
優秀なスタッフは来て下さらない時代になった、
と思います。


個人医院で5人未満でも
求人募集のためには厚生年金加入が大切ですし、
法人にすれば
院長先生ご夫妻も厚生年金に加入できる、という
とっても大切なポイントを
知っておいて欲しいと思います。

nenkin_techou_orangenenkin_techou_blue



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125