医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年05月07日

ブログランキング・にほんブログ村へ

少し古い記事ですが
2019年3月26日付『日本経済新聞』に

特養おやつ死亡 有罪判決
注意義務どこまで
という記事が掲載されました。
記事より一部引用させていただきます。
長野県安曇野市の特別養護老人ホームで2013年、おやつのドーナツを食べた直後に意識を失い、その後死亡した入居者女性(当時85)の注視などを怠ったとして業務上過失致死罪に問われた准看護師、山口けさえ被告(58)に長野地裁松本支部(野沢晃一裁判長)は25日、求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡した。
検察側は論告で、女性は食べ物を口に詰め込む癖があり、被告が誤嚥(ごえん)の可能性がないかを注視し、おやつも1週間前の形態変更に伴ってゼリー状のものを配膳しなけらばならなかったと指摘していた。
弁護側は「意識喪失は内因性の疾患が原因だ」と無罪を主張。さらに当時は被告が同じ部屋にいた全介助の男性の食事に携わっており、嚥下障害のない女性の注視義務はないと訴えていた。おやつの形態変更も消化不良の改善が目的で、窒息防止ではないとしていた。
介護現場でおやつの提供にどこまで注意義務があるかが注目を集め福祉や医療関係者を中心に、無罪を求めて約45万筆の署名が集まっていた。


お仕事で介護現場に関わっている者としては
この判決には疑問です。

亡くなられた方と
そのご家族にとってはとても悲しいことであり
心よりお悔やみ申し上げますが、
介護事業所ですべての誤嚥や転倒を防止できるかと言えば
とてつもなく困難だと思います。
例えば
24時間マンツーマンの人員体制であったとしても
大柄な男性高齢者の転倒を
小柄な女性スタッフが止められるか
と言えば、無理なこともあります。
但し
現実的にはこの様な有罪判決が出た以上
介護の現場では
よりきめ細やかに観察・声掛けを
心掛けなければいけないと思います。
nodo_tsumaru_ojiisan





人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125