医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年01月24日

ブログランキング・にほんブログ村へ

問題のあるスタッフを退職させる場合は
本当に要注意です。
(最近では、お仕事の注意をしても
“パワハラ”
と言われてしまうことも、しばしばです)

小規模なクリニックでは(スタッフ10人未満)
就業規則が整備されていない事例も
多く見かけられます。

就業規則は
“スタッフの権利を守るもの”
でもありますが、
“解雇する場合のルール”
も、明確に定められています。

働きに問題のあるスタッフ
     ↓
注意する(記録に残す)
     ↓
改善されない場合は
始末書などの提出を求める
(記録に残す)
     ↓
同じ問題が繰り返される場合は
戒告などの処分をする
     ↓
更に繰り返されれば、懲戒解雇にする


本当に手間が掛かりますが、
クビにするということは
このくらい指導をしなければ
「不当解雇」
と言われかねない今日この頃です。

この様な処分の裏付けを
しっかりしておくために
スタッフの人数が少なくても
就業規則は大切です。
document_syuugyou_kisoku



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125