医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年01月11日

ブログランキング・にほんブログ村へ

チェックリスト5回目ですが
本日で終了とさせていただきます。
全ては書き切れませんので
厚生労働省のチェックリスト
ぜひ確認して下さい。

厚生労働省チェックリスト
P31〜
役員に関するチェックリスト 

(2)問題点
・ 本人の意思確認を行うことなく名目的に役員を選任しているケース
・ 役員の選任に関する定款等の規定(例:社員総会において選任)を遵守していないケース
・ 理事長以外の理事が医療法人の運営に全く関与していないケース
・ 監事が監査業務を全く行っていないケース
・ 役員の任期が終了しているにもかかわらず改選が行われていないケース
・ 役員に欠員が生じているにもかかわらず長期間放置されているケース
・ 欠格事由に該当するにもかかわらず役員となっているケース
・ MS法人の役職員が例外要件を満たしていないにもかかわらず、医療法人の役員を兼務しているケース 等
役員のチェックは内容が多過ぎなため
一部抜粋のみです。
(3)チェックリスト
〔魄の資格要件等を確認しましょう。
□医療法人の役員と、当該医療機関と経営上利害関係にある営利法人等(例:MS法人)の役職員を兼務しようとする場合、「医療法人の役員と営利法人の役職員の兼務について」(平成24 年3月30 日 医政総発0330 第4号、医政指発0330 第4号 厚生労働省医政局総務・指導課長連名通知)が定める例外要件の充足を確認しているか。
□例外的に、医師又は歯科医師ではない理事の中から理事長を選出する場合、都道府県知事(広域医療法人の場合は地方厚生局長)の認可を受けているか。
□監事は、他の役員と親族等の特殊の関係を有していないか。
□医療法人が開設する病院、診療所又は介護老人保健施設(指定管理者として管理する病院等を含む。)の管理者は、理事に就任しているか。
□管理者と当該医療機関と経営上利害関係にある営利法人等(例:MS法人)の役職員を兼務しようとする場合、「医療法人の役員と営利法人の役職員の兼務について」(平成24 年3月30 日 医政総発0330 第4号、医政指発0330 第4号 厚生労働省医政局総務・指導課長連名通知)が定める例外要件の充足を確認しているか。

¬魄の定数・任期等を確認しましょう。
□理事又は監事のうち、その定数の5分の1を超える者が欠けたときは、1月以内に補充しているか。
□各役員の任期(始期と終期)を特定できているか(2年を超えることはできない。)。
□役員の任期満了前に改選手続(再任の場合を含む。)が行われているか。

L魄の選出・退任について確認しましょう。
□役員の選任(再任の場合を含む。)に際して、本人の意思確認(例:本人による署名・押印がなされた就任承諾書等の提出)がなされているか。
□役員の選任(再任の場合を含む。)に際して、定款所定の手続(例:社員総会の選任決議)が履行されているか。
□役員の辞任に際して、本人の意思確認(例:本人による署名・押印がなされた辞任届等の提出)がなされているか。
□役員の変更の都度、都道府県知事(広域医療法人の場合は地方厚生局長)に役員変更の届出を行っているか。
これまで、私もあまり
厚生労働省のチェックリストを
気にしていなかったのですが
ここまで詳細なリストが出ている以上
これからはきちんと
チェックしていかないといけないと思います。
thumbnail_mark_checkbox



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125