医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2017年08月29日

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハーバードの謝罪マニュアルは
このブログでも
かなり以前に取り上げています。
過去ブログ

2017年8月10日付『日本経済新聞』
「経済教室のコーナー」より
引き続き引用させていただきます。

 米国では「権利」を主張して、訴訟では何があっても謝ってはならない、謝ったら最後、責任があることを認めた証拠になるという風潮があった。しかし、アイムソーリー法のもとでは、医療事故が起きた場合、「ごめんなさい」と謝ってもそれが訴訟における証拠とはならず、後で訴訟となっても謝ったことが不利にはならないのである。
 この法律ができた背景には、「医者は訴訟を恐れて謝罪をさける傾向がある」ということや、「患者は怒りのために訴訟することが多いが、その怒りの理由が、医者が消して謝罪しないこと」というのがあるそうだ。そこで、医療過誤があった時、医者が患者に謝罪して関係を良くしようという意図があった。
大竹教授も記事で書いてらっしゃいますが
謝罪する状況には陥りたくないが
うまく謝罪をすることも大切ですね。

記事に書かれている様に
「上からの目線」のような、謙虚さを欠く傲慢な態度では許しを得られない。
「心」の部分を大切にし
相手の感情に対して
「素直」にお詫びをし
再発防止の方法を考えることが
大切かと思った記事でした。
ojigi_fukai

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125