医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2017年08月23日

ブログランキング・にほんブログ村へ

お盆の朝刊に
オーティコン補聴器の
チラシが入っていました。
(決して補聴器メーカーの
宣伝をしているわけではありませんが)

蒲郡市は
とってもボランティア活動が活発で
視覚障碍者向け
●蒲郡音訳グループ「声」
●盲人ガイドヘルプ「暁の星」
●点訳グループ「あい」
聴覚障碍者向け
●蒲郡手話サークル「かざぐるま」
●要約筆記サークル「すてっぷ蒲郡」
●聴こえの支援「めだかの学校」

などなど、
様々なグループが活動しています。

少し話が飛びますが
「めだかの学校」が提唱する
補聴器のループというシステムには
注目しています。
全国に普及すれば
聴覚障がいの方だけでなく
視覚障がいの方向けにも活用でき、
ホームの転落事故などを防ぐ可能性も
あるのではないかと感じています。

話を元に戻します。
少し長くなりますが、チラシより引用します。

ご存知ですか?
認知機能と
補聴器の関係。


認知機能と補聴器?と驚かれたのではありませんか。
実は今、注目を集めているニュースがあります。

「補聴器をつけることで、
社会との関わりがふえる。
それによって、難聴による
認知機能低下のリスクを軽減できる。」


という研究が明らかになったのです。
これは仏ボルドー大学の
25年にわたる調査で判明したもの。
補聴器は「耳のためのもの」と思っていた私たちに、
「脳のためのもの」でもあることを教えてくれました。

聞こえにくさは、脳に負担をかけます。

難聴を放置した場合の認知症リスク
標準を1倍とした場合
軽度の難聴 2倍
中度の難聴 3倍
重度の難聴 5倍
この補聴器のお話から
介護事業所などでも
いかに高齢者に聴こえやすく、
わかりやすくお話をするか
ということの大切さが
良くわかると思います。

hochouki_obaasan



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125