医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2017年05月30日

ブログランキング・にほんブログ村へ

結論から書きますと
賞与引当金はあまり好きではありません。

お仕事の関係でしばしば税理士さんの作成している
月次の試算表を使って資料を作成することがあります。
少数派ですが、毎月の財務で賞与引当金を計上し
賞与月に逆仕訳を入力している試算表があります。

引当金の毎月計上
■メリット
賞与の負担を均等にならすことで
正しい月次損益がわかる。
■デメリット
たとえば、12月のボーナスの総額がいくらだったのか
ボーナス支給月にどのくらいの資金準備が必要か
などが分かりにくくなることです。

個人的には、
●12月はボーナスがあるから赤字になる
●12月はボーナスを支払うため〇〇の資金準備が必要
このようなことが見える方が小規模な医療機関の経営判断には
プラスではないかなと感じています。

皆さんはいかがでしょうか。

bunbougu_dentaku



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125