医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2014年08月16日

ブログランキング・にほんブログ村へ

開業立地を探すために、診療圏調査をしますが
実は、診療圏よりも立地の状況の方が
大切になることもあります。

中央分離帯のある片側2車線道路に面していれば
患者さんは、自分の来た方向へ帰ることができません。

交差点の角地の立地であっても混雑する道路や時間帯では、
車の出入りがとても危険になります。

駅から近いビルのテナントでも、
看板がどのように付けられるか、また視認性によっては、
患者さんに対し、まったく存在をアピールできない場合も出てきます。

自動車利用が多い地域では、
左右両方からいらした患者さんが、帰りやすい立地。
駐車場から前の道路へ出入りしやすい立地。

電車利用の患者さんが多ければ、
出入り口がわかり易いかどうか。

などの点も考慮したいと思います。

どれだけ診療圏内に人口が多くても、
医院がどこにあるか、
分かりにくい場所だったり、
とても出入りがしにくい立地ですと
患者さんは通過しにくくなってしまします。

診療圏人口も大切ですが、立地ももっと大切です。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125