医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2006年01月12日

ブログランキング・にほんブログ村へ 平成17年10月より介護保険が改正され、
利用者の方は食費と居住費を負担しなくてはならなくなりました。
かなりの負担増なのですが、その金額が医療費控除の対象になるかが
やっと、少しだけ決まりました。

平成17年12月19日付の厚生労働省老健局総務課からの業務連絡に

介護老人保健施設(特養)の施設サービス等の医療費控除の取り扱いは、

 介護費の自己負担額の1/2
  食費 の自己負担額の1/2
 居住費の自己負担額の1/2

を医療費控除の対象とするとの事です。

また、老人福祉施設側も、10月分の領収書は昔のもので構いませんが、
11月ぶんからは上記の金額が分かるような領収書を発行するように、とあります。
(12月分でも無理でしょうし、11月分はすでに済んでいますから厳しいですよね)

介護老人保健施設(老健)は、
 
 食費に係る自己負担額と居住に係る自己負担額が、
 医療費控除の対象になる

との事です。

これから確定申告の時期になり、年の途中で医療費控除の対象が変わり、
領収書のフォームもできていないと、
利用者からの問合せも多くなると思いますので、
各施設で医療費控除についての説明資料を作成され、
1月の請求書と一緒にお渡しされるとよいと思います。

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125