医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2005年11月13日

ブログランキング・にほんブログ村へ ご夫婦で医院を運営している場合、
叱り役と、なだめ役の役割分担を常に意識してください。

例えば、常時スタッフと接する時間が長い先生が叱り役をすると、
スタッフは先生が怖いので、なかなか本音を言えません。
結果として不満が内在化し、突然、皆そろって退職したい、
などという事態が発生しかねません。

また、逆に先生がスタッフに甘く、全く叱らないと、
スタッフも甘えてしまい、患者さんに対しても悪い対応をしたり、
ミスが続いても気にしない雰囲気が出てきてしまいます。

以前、落語家の桂枝雀さんが、「緊張と緩和」とよくお話されていましたが、
医院におけるご夫婦の役割もこれが必要だと思います。

先生が叱り役の場合、パートナーの方が優しく接し、
お菓子やケーキを買ってきたり、先生抜きの食事会を設定して、
「本当にいつもご苦労様」とお礼を言ったり、
「直接言えないのであれば、私からそっと忠告するからね」と
スタッフと先生の間に立って、関係を取り持ったりすることで、
スタッフと院長先生とのパイプ役になりましょう。

逆の場合は、患者さんに対する態度や清掃の仕方が悪いとき、
「そんな事で医院としてやっていけると思っているの!?」とか、
「医療機関でのミスは患者さんにとって生死に関わる事なのですよ」などと言って、
きちんと叱るべきでしょう。

もちろん、この役割や固定せず、その都度交代してよいと思います。
ただ、感情に任せて起こるのではなく、
今度はこの点を叱るから、この様にフォローしよう、と打ち合わせた上で、
スタッフに接すると、より良い医院ができてくると思います。


人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125