医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2005年09月09日

ブログランキング・にほんブログ村へ 平成17年10月から介護保険の施設給付が見直しされることになりました。
とても重大な影響があるのですが、いまひとつ反応がないようです。
注意を促す意味でもシミュレーションをしてみます。

ポイント1 食費について

一人1日当たり2,120円が1,380円に減額

 100床の場合、△740円×365日×100床=約2700万円の減収

 しかも、これは収入の減少で、そのまま利益も減少します。
 更に全てが利用者の負担になってしまうので、
 従来780円であった個人負担が1,380円に増えます。

 つまり、利用者は一ヶ月で
  600円×30日=18,000円の負担増になってしまうのです。

 この様に、施設は減収減益、利用者は負担増になり大変なことになります。

ポイント2 居住費について

 自宅にいても食事代と光熱費は必要であるとの考え方から
 10月から介護保険の療養費を減らし、利用者から居住費を徴収することになりました。

 療養費は(要介護度4の場合)

 ユニット型介護福祉施設で1日9,270円から7,840円に減額

 100床の場合、△1,430円×365日×100床=約5,200万円の減収

 介護福祉施設( 個室 )で1日8,890円から7,890円に1,000円減額
 介護福祉施設(多床室)で1日8,890円から8,790円に100円減額
 
 ユニット型介護老人保健施設で1日9,750円から8,450円に1,300円減額

 介護老人保健施設( 個室 )で1日9,750円から8,580円に1,170円減額
 介護老人保健施設(多床室)で1日9,750円から9,570円に180円減額

 この様に療養費が大幅に減額される中で、利用者から居住費(以下参照)を
負担していただくことでカバーすることになります。

  ユニット型個室 1,970円/1日
 ユニット型準個室 1,640円/1日
    従来型個室 1,150円/1日
      多床室  320円/1日

ポイント3 問題点

/事代について

 あまりに減収幅が大きいため、利用者から1,380円+@を徴収するところも
 あるようですが、給食委託しても単価が1,200〜1,400円なので、
 +@の根拠が困難だと思います。
 水道光熱費は厨房代分も居住費に含まれるそうです。
 注目は管理栄養士配置加算 1日120円と、
 栄養マネジメント加算 1日120円で、これは是非取りたいですね。

居住費について

 利用者負担の大幅増加は避けられないところですが、
 従来いただいていた室料と居住費の関係を整理し、
 必要最小限の負担を利用者の方にお願いせざるを得ないと思います。

 その為には、施設の維持管理に必要な投資等を加味したシミュレーションを行うことが大切だと思います。


人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by lagoon1966   2005年09月09日 14:54
参考になりますありがとうございます。
2. Posted by ユーアンドアイ事務局長   2005年09月09日 16:11
トラックバックいただきありがとうございます。

利用者負担増、施設収入減という大きな改正の割には、どのように対応していくかをよく見えていないところが施設によってはあるようです。
昔の措置制度による行政の強力な指導下で運営していたところは、特にその傾向が強いようです。

どちらにせよ、在宅誘導の施策が次々とられるようになっているので、施設を運営するのは厳しくなりそうです。
3. Posted by 予防法務あれこれ   2005年09月09日 16:12
TBありがとうございます。具体的に書かれているので、とても参考になります。
国民負担の増加は、避けられないと思います。それをどこまで抑えることが
出来るか。これは、政治の問題になると思います。
4. Posted by すずたけ   2005年09月09日 16:15
コメントありがとうございます。

lagoon1966さんの『医療法人につとめる普通の社員 田舎の医療法人につとめる特に医療資格を持たない社員のひとりごと』【http://ameblo.jp/lagoon1966/】を読ませていただきました。

改正でいろいろ大変ですがお互い頑張りましょう
5. Posted by 北村 資暁   2005年09月09日 19:09
TBありがとうございます。

具体的に考えると、とても大変な事態であることが実感できます。現場や利用者の方々のご苦労に少しでもお力になれないかと日々あれこれ考えています。私ごときにできることはあまりないような気もしますが、それでも考え続けたいと思います。


6. Posted by Tokky   2005年09月11日 19:13
トラックバックありがとうございました

こうしてまとめてあると、とてもわかりやすいですね。

 やはり今回の大改正は、事業所にも利用する側にとっても「痛み」が伴うものなのですね。私が身をおいている障害者福祉の分野にも、障害者自立支援法の導入にあわせて、いわゆるホテルコストの内容が「準用」されると聞いております。ますます運営は厳しくなりそうです…。
7. Posted by すずたけ   2005年09月12日 08:54
コメントありがとうございます。
tokkyさんの大切なみんなのためにできること【http://blog.goo.ne.jp/tokky1011】は、福祉の話題について取り上げられていて、国の施策など読みながら私も考えさせられています。

障害者自立支援報も、介護保険のなかにいずれ組み込まれると思いますし、ホテルコツとは医療保険も当然導入されますよね。
利用者には厳しくなると思いますが、施設の側もサービスを低下させないコストダウンを頑張らないといけないですね。
8. Posted by すずたけ   2005年09月12日 13:04
ユーアンドアイ事務局長さん、コメントありがとうございます。
施設にとって厳しい運営を強いられる施策が次々と発表されていきますが、利用して下さる方たちのためにもなんとか踏ん張っていかなければいけませんね。
事務長さんがブログの中で書かれている介護保険制度改正の概要と福祉NPOの今後は非常にためになります。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125