医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2020年11月16日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

毎月
社会保険診療報酬支払基金の
統計月報が出されています。

すずたけは2020年のデータを
2019年と比較して
月別の表を作成してみました。

増減を見やすくするために
細かい数字は入れず%のみ。
比較項目は
・レセ件数
・患者数(実日数)
・保険収入
・レセ点数
・通院回数
・1人1日当たり点数
最後の「1人1日当たり点数」だけは
興味があるので点数も入れました。

そして
・病院(公的は除き法人のみ)
・診療所(診療科別)
・歯科
・調剤
の区分でまとめています。

例えば、内科でピックアップしてみると
診療別コロナの影響_2020.10.21-3
2020年1月は
レセ△15%
保険収入△11%と
1月はインフルエンザ減で大幅の減収。
そして3月〜5月は
レセ △13% △21% △25%
収入 △9% △16% △18%
レセ減より収入減が少ないのは
内科では平均点がアップできたから。
平均点アップ率1月〜5月
4%、1%、6%、7%、10%
ということで
患者さんが減った診療科では
平均点を上げて
リカバリーできていることがわかります。

あまり患者数の減らなかった診療科では
平均点数は上がっていません。

●コロナの影響がどうだったか
●リカバリーが出来ているか
などは、自院のデータと
このデータを比較してみると見えてきます。

3月〜5月が
全国平均より良かったか、悪かったか。

6月〜7月は
全国平均より回復している、していない、で
客観的に分析してみましょう。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2020年11月13日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

成功モデルが数字で見えてくる!
386歯科医院の統計データから見える
『成功医院のセオリー』
日本歯科新聞社 刊
が出版されました。
医コン歯科『成功のセオリー』(チラシ)

すずたけも
(公社)日本医業経営コンサルタント協会
歯科専門分科会のメンバーとして
執筆させていただきました。

編者:(公社)日本医業経営コンサルタント協会

歯科経営専門分科会
永山正人先生
日本医業経営コンサルタント協会 会長
医療法人ファミリー会 名誉会長


木村泰久先生
日本医業経営コンサルタント協会 理事
蝪諭D医業経営研究所 代表取締役

清水正路先生
螢蝓璽姫超班堯”長

角田祥子先生
税理士法人ネクサス 代表取締役

鈴木竹仁
蝪唯唯弌‖緝

杉本俊夫先生
螢好モトコーポレーション 代表取締役社長  著

帯紹介

1章 データの読解力を上げる基礎知識
2章 データから見える歯科医院経営
 「歯科医師数と経営の関係は?」
 「ユニット台数と経営の関係は?」
 「CT保有と経営の関係は?」
 「マイクロスコープ保有と経営の関係は?」
 「矯正と経営の関係は?」
 「広告宣伝と経営の関係は?」
 など、26のQ&A
3章 座談会
コンサルタント協会で
財務だけでなくチェア台数や
診療時間、スタッフなど
定性的なデータをアンケートで集め
まとめたきたデータベースを元に
分析した本です。

とても歯科医院経営の参考になると思います。
歯科医院経営基本講座のDVD
併せてお買い求め下さい。

『成功医院のセオリー』購入はこちらから




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2020年11月12日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年10月20日『中日新聞』に

インフル患者 昨年1200人→今年4
中部6県8月末〜今月11日
という記事が掲載されました。
ネット上でも
「インフル患者さん1000分の1」
といった情報が流れていました。
(10月も同じくらい、
 1000分の1ペースの様です)

個人的には
インフルエンザワクチンが4価になったため
効果のアップかと思います。
インフル患者さんが減っているとは
前から感じていて
今年の1月〜3月もコロナとは別に
患者さんが減っていると思っていました。

社会保険診療報酬支払基金の
1月データを比較してみると
クリニック外来全体では
レセ△8%
保険収入△6%
ですが
内科・小児科では
レセ△15%以上
保険収入△11%以上
ですので、インフル患者さん減少の
影響ではないでしょうか。

コロナ感染対策も含め
ワクチン接種大幅増加。
マスク、手洗い、うがいの普及から
しばらくインフルエンザだけでなく
クリニックの患者さんは
減少傾向が続きそうです。

今のうちに
きちんと想定して
経営プランを考えておきましょう。
sick_vaccine




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125