医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2018年02月13日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日フェイスブックで
紹介されていた本を読みました。

細谷亮太 監修
吉田利康 著
いびら工房 刊
『ゆきちゃんとみんな
 〜大事な人が重い病気になったとき〜』


ゆきちゃんとみんな (大事な人が重い病気になったとき)


いびら工房 刊
『ベッドからの手紙』


ベッドからの手紙
いびら工房
2017-12-25


ただでさえ、涙腺が弱いすずたけにはたまりません。
ひたすら泣いてしまいました。
しばらく泣きながら運転していたので
すれ違った方には
変なおじさんに見えたことでしょう。

決して目の前の患者さんに
100%感情移入をしなさい
ということではなく
スタッフに初心に戻っていただくため
患者さんのご家族の気持ちを知るために
年に一度は
泣く研修・感動する研修を
おすすめします。

鈴木中人 著
文屋 刊
『6さいのおよめさん』

6さいのおよめさん
鈴木 中人
サンクチュアリ出版
2014-07-27

こちらもとってもおすすめの1冊です。




幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年02月12日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

すずたけの属する
公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会は
東京都千代田区にあります。
地下鉄・半蔵門線の
半蔵門駅が最寄り駅です。

通勤時間帯の地下鉄に乗っていて
とても不安なのが扉の開く側です。
混雑している電車で
しかも、降りるお客さんが少ない場合は
降りられなくなってしまうのではないか、
という田舎者の不安です。

因みに半蔵門線では
駅名は告げても
開く扉のアナウンスはありませんでした。
同じ日に別の路線に乗った際には
「次は〇〇、〇〇
右側の扉が開きます」
といったアナウンスで
不安が減りました。

クリニックの受付さんや
看護師さんにも
不慣れな患者さんの
不安を取り除くアナウンスを
意識していただきたいのです。
・「順番が来ましたら
  左手からお名前をお呼びします」
・「トイレは待合室の
  奥の左手になります」
・「2番の診察室からお呼びしますので
  こちらに掛けてお待ちください」
などなど。

院内のレイアウトや流れを
まったくご存知ない患者さんは
”不安”です。
皆さんのひと言で
”安心”がお届けできる
ということを感じた
地下鉄アナウンスでした。
kanban_gaikokujin_happy




幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2018年02月09日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近、電車に乗ると
スマホを操作している方が
本当に多いと感じます。
でも、
蒲郡→豊橋間では
そこそこ、窓からの眺めを
見ているお客さんも
いらっしゃるのですが
東京の地下鉄では
スマホ率90%以上です。

そこから、ふと思いついたことが
待合室でのスマホ比率測定です。

・毎週土曜日に待合室のTVで
 吉本新喜劇が流れている
 整形外科さん⇒スマホ率 20%
           TV 70% 
           雑誌 10%
・待合室に絵本と雑誌が
 とっても沢山置かれている
 クリニックさん⇒スマホ率 40%
           TV 20%
           雑誌 40%

と、ざっくりの感じですが
こんなデータでした。

スマホの操作は
いつでも、どこでも出来る。
でも、この待合室でしか見られないものや
この時間にしか見られないものがあれば
そちらに目が向くのは当然ですね。

皆さんの医院で
待合室・待ち時間が
どんな時間になっているか、
定点チェックでスマホ率を
カウントしてみてはいかがでしょうか。
・待合室の患者さんが 
 10人以上になったタイミング
・土曜日11頃など
 患者さんが多いタイミング
などなど。

デジタルサイネージの充実や
図書絵本の充実をした後に
比較してみると
面白いかもしれません。

smartphone_hand





幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125