医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年05月14日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

皆さんの医院は
お給料から天引きした所得税を
1月と7月の年2回納付でしょうか?
それとも毎月納付でしょうか?

(すずたけは現在も
税理士法人の職員でもあるのですが
もう現場を離れてだいぶ月日が過ぎたため
細かいことは忘れてしまっています)

昔々、自分自身が新人時代、
毎月納付は面倒なため
年2回の源泉税納付が楽で良い、
と思っていましたが
近頃、考え方が変化して
毎月納付をおすすめしています。

個人のクリニックの場合
7〜8人のスタッフの給与の源泉税は
2〜3万円くらいでしょう。
半年納付ならボーナス分を含めて20万円少々。
でもボーナス時期に重なってのプラス出費です。
医療法人の場合
役員報酬分がプラスされますので
半期納付で200〜300万円以上になることも
しばしばです。

本当は毎月の給与の支払いは
所得税社保を天引きした金額を支払いますので
給与の額面よりキャッシュフローは少なめです。

役員報酬200万円
スタッフ8人分給与200万円
合計400万円ですが、
社会保険料30万円と税金70万円を天引きして
支払は300万円で済んでいます。
社会保険料の天引き分は
翌月2倍にして60万円引き落とされますが
源泉税を半期納付にしていると
70万円×6ヵ月=420万円を
1月、7月に納付しなくてはいけません。
毎月70万円少なくて済んでいるから仕方ない、
と思っていても
やはり金額が大きくなると
負担感も強くなります。

そこで毎月納付をお勧めしているのです。

毎月納付にすれば
お給料の額面金額と
毎月のキャッシュフローが一致するので
とってもお金の流れがすっきりします。
一度、会計事務所の担当の方と
お話なさってみて下さい。
(もちろんこの内容は、全くの個人的な感想です。)
job_ginkou_uketsuke



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2019年05月13日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年4月5日付『日本経済新聞』に

厚生年金 156万人加入漏れ
企業の負担逃れなお
17年推計 中小零細、指導厳しく
という記事が掲載されました。
記事より一部引用させていただきます。
厚生年金は法人事業所や従業員5人以上の個人事業所主に加入を義務付けている。
にもかかわらず、加入を逃れて疑いのある事業所は18年9月時点で約40万に上る。
厚生年金の保険料率は18.3%で、企業と従業員が折半する仕組みだ。企業が負担を減らすため、意図的に加入しないことが多い。
国民年金のみの場合、保険料を40年間満額納めてもらえるのは1人あたり月額約6万5千円。厚生年金は上乗せされる形で、標準的な夫婦世帯の年金額は月22万1504円になる。

加入逃れの疑いのある事業所は15年9月時点で約79万あった。15年度から国税庁の情報提供を受け、加入指導を強化。実務を担う日本年金機構が電話や訪問で加入を求めるなどして3年間で未加入事業所は半減した。
「医療法人にすると
国民年金の負担が増えるから損だ」 
との言葉をよく耳にしますが
もはや、その様な損得を言う医院には
優秀なスタッフは来て下さらない時代になった、
と思います。


個人医院で5人未満でも
求人募集のためには厚生年金加入が大切ですし、
法人にすれば
院長先生ご夫妻も厚生年金に加入できる、という
とっても大切なポイントを
知っておいて欲しいと思います。

nenkin_techou_orangenenkin_techou_blue



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2019年05月10日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

第9回言の葉大賞が発表されました。
(3月ですが)
最優秀特別賞の「私はラッキーガール!」が
夢おいかけてまちづくり実行委員会で
昨年実施した
「ユニバーサルマインド講座
〜不便だけど不幸じゃない〜」
と、まったく同じ気持ちでしたので
嬉しく読ませていただきました。
詳しくは、言の葉大賞HPでご覧いただけます。
こちらから
少し長くなりますが
本文を引用させていただきます。

岐阜市立三里小学校6年
土屋 真優
私はラッキーガール!
 私は小学六年生。毎日楽しく小学校に通っています。両親は私が生まれたとき、今の私を想像できなかったそうです。それには理由があります。私には左手がありません。手首から先がないので、腕がついているだけ、と表現する方が伝わりやすいかもしれません。
 生まれつき左手の障害を持った私は、今のところ日常生活で不自由を感じることはほとんどありません。みんなと同じようにできなくても『少しの工夫』でほとんど同じようにできています。学校の友達、先生、まわりの人達も優しく、何か困ったことがあると助けてくれます。
 まだ、私が三才位だった時、私の左手を見た外国人の方から、
 “She is a lucky girl ! ”
と、笑顔で話しかけられたことがあるそうです。障害は個性といわれることはありますが、『ラッキーガール』という言葉を聞いて母は「障害=かわいそう』ではなく『ラッキー』と受け止めてくれる人がいらっしゃることがとてもうれしかった、と言っています。
 私には、かなえたい夢があります。行きたい場所、なりたい職業、やってみたいこと。どれも、まわりのひとよりも二倍、三倍の努力が必要です。夢をかなえるための目標を立て、目の前にある目標を達成しながら少しずつ夢に近づいて、いつか夢をかなえてたいです。
 これからも、たくさんの人に助けてもうことになると思います。しかし、日々の努力と感謝の気持ちを忘れず、いつか私と同じような障害を持った人が私を見て、元気になれたり自信が持てるような、そんな『ラッキーガール』になりたいです。
本当に優しい真優さんは
ラッキーガールですね。
1c68d98df4748c46d9a82d0e2f0a2508_t




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125