医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年03月19日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年2月25日付『日本経済新聞』にて

外国人患者に通訳を
訪日客増 基準整備・育成急ぐ
という記事が掲載されました。

NTT東日本関東病院さんの事例
英語と中国語の医療通訳4人が常駐するほか、10の言語が翻訳できるタブレット14台をそろえる。
記事より引用しています。
医療通訳は病院に常駐すらだけではない。メディフォン(東京・港)のサービスでは、病院からの専用番号にかけると英語、中国語のほか、ベトナム語など17の言語でテレビ電話を通じた通訳ができる。登録している通訳は約300人おり、コールセンターや在宅で対応する。
などなどの
外国人患者さん対応が書かれていますが
通訳を雇う人件費や
サービスのコストは
病院が負担するのですよね・・・
あまりプラスにならない
(むしろ負担の重い)
外国人患者さんのサービスのために
専門スタッフを大勢雇うのは
ナンセンスだと思います。

やはり解決策は
UDトークの活用ではないでしょうか。

・翻訳言語数がケタ違いに多い
・翻訳のスピードが速い
・安い
ポケトークもありますが
受付のタブレット端末に
UDトークが入っているだけで
相当カバーできます。

また、忘れてはいけないのは
UDトークは聴覚障がいの方のために
作られたソフトであることです。
医療機関が外国の方も含めた
ユニバーサルサービスに取り組むために
UDトークを、ぜひ、お試しください。

computer_message_app





人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2019年03月18日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

脳科学者の黒川伊保子さんが
書かれた『妻のトリセツ』が
とても反響を呼んでいます。
テレビや雑誌などでも
沢山取り上げられました。


20190301095758617-1

20190301095758617-2
(引用元:2019年1月24日付『日本経済新聞』新聞広告)

この本は妻のトリセツについて
書かれた本ですが
クリニックの場合は
院長先生=夫
女性スタッフ=妻
の構成と考えます。
院長が男性脳と女性脳との違いを知り
女性脳を理解した対応をすれば
医院の運営がきっとうまくいきます。

スタッフのご機嫌が良いか悪いのかは
患者さんは敏感に感じています。

院長先生にとっては
面倒かもしれませんが
『妻のトリセツ』の妻をスタッフに置き換えて
この本で勉強しましょう。



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2019年03月15日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

カスタマーハラスメント「カスハラ」は
少しずつ社会に広まってきましたが、
ペイシャントハラスメント「ペイハラ」は
まだまだ知られていませんので
このブログでもっともっと広めていき、
患者さんご自身が
院内でこれはもしかしたらペイハラ?
と、思っていただけるだけでも
一歩前進だと思います。

復習です。
 ̄‘皀漾璽謄ングで、スタッフ・院長から
 「ペイハラだ」と感じた事例を100例発表
△修了の対応と患者さんの反応
 GOOD→院内のマニュアル
 NG→皆でどうするれば良いか考える
セクハラ、わがまま、パワハラ、ルール破りなど

テーマ毎にに分けて対応方法を話し合う。

実際にあった事例を一つ紹介しておきます。
 患者さんからのプレゼントはお断りする、
 というルールでしたが
 患者さんがお気に入りのNrs.へ
 生モノをプレゼントに持ってきた。
 Nrs.、受付、など女性スタッフは受け取らず
 院長(男性)が代わって受け取り
 「皆でいただきます」
 とお礼を言う。
 その上で
 「これからはプレゼントはお断りします」
 とお伝えする。
 ・男性(院長)に渡すことになったいう結果
 ・これからはお断りします、という強めの言葉
 それにより
 今後の抑止力になるのではないか
 との狙い。

この様に、医院のスタッフにとっても
働きやすい職場環境にするためにも
ペイハラ対策をとっていきたいと思います。

今週一週間はペイハラブログでした。
komatta_woman2



人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125