医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2005年09月01日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 生田図南著『わたしの生田歯科医院』デンタルダイヤモンド社

この本は、熊本県で開業されている先生の、歯周内科予防歯科への取り組みが書かれています。
■□私の臨床

1.院内感染防止対策
 愛知県歯科医師会の学術の先生たちが取り組まれた内容に添ったものを
 具体的なデータと豊富な写真を元に述べられていて、参考になります。
 特に、"ラーメン屋での出来事"のエピソード、
 汚いラーメン屋さんと歯科医院の喩えは納得です。

2.生田式総義歯作成法
 やはり多くの写真を載せて、入れ歯について分かりやすく書いてあります。

3.歯周内科
 この言葉は近頃耳にするようなりましたが、
 カンジタ菌の事等を解説しながら、歯周病の新鮮な治療法が紹介されており、
 これからの歯科の一つの方向性を感じさせられました。

■□わたしの経営

1.これからの日本・歯科界の行方
2.他の歯科医院と違う何かを求めて
3.予防管理システムの確立
 先生の委員の差別化や理念を具体的なデータを入れて、
 力強く述べられ、なるほどと感心しました。

4.生田歯科医院の治療方針
 新しく開業を考えていらっしゃる先生には、
 是非参考にしていただきたい内容です。

5.「行列のできる歯科医院」の執筆で目標とした移転新築開業の実現
6.講習会の開催

なかなか表面に出てこない歯科医院のデータや院内での取組みを
分かりやすくお話してくださってとても勉強になりました。


人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 1.トイレはキーポイント
 医療機関のトイレは本当に大切なポイントになります。
 (1)清潔ですか
  ・床や洗面台は一日に一度ではなく、気づいたら何度でも掃除しましょう。
   いつ清掃したかを記入するチェック表を壁に貼っておくのもよいでしょう。
   又、清掃以来カードを設置しておくのも良いと思います。
  ・タオルも汚れていませんか?
   できればペーパータオルやエアータオルがよいでしょう。
   ゴミ箱にペーパータオルがあふれているのもがっかりです。
   また、便座シートの利用も清潔感につながります。
   院内感染の心配や、気分が悪くてトイレに駆け込んでしまう患者さんもみえるので注意しましょう。

 (2)ユニバーサルデザインになっていますか?
  ・扉が外側へ開く場合、中に入ろうとしている患者さんの顔面直撃になる可能性はありませんか?
   トイレの鍵も時々わかりにくい場合があります。
   ノブの真ん中のボタンを押す、
   ノブの下のつまみをひねる、
   キーをスライドさせる、などがありますが、
   小学校低学年の子供さんから目の悪いお年寄りの方などが理解できるようになっていますでしょうか?
   ロックせずに、使用中も外から内開きのドアが開いて
   ぶつかることのないようにしたいものです。
  ・洗面台や便座など小さい子供さん用のものがありますでしょうか。
   大人用の便座は小さい子供さんには怖くて使いづらいです。
   また、洗面台も身長の低い方用のものがあると良いですね。
   車椅子用のトイレでも、水道の配管がシンクの下にあり近くに入れない場合や、
   蛇口の位置が遠く、座ったままでは届かないこともありますので、注意をお願いします。

 (3)視覚、聴覚の工夫は?
  ・出入りする際に、他の患者さんからの視線がきにならないようになっていますか?
   構造的に困難な場合は、大きめの観葉植物で出入り口をカバーされると良いと思います。
  ・トイレの音や臭いが外に漏れないように、
   トイレ近くはBGMなども少し大きめにしたり、
   空気清浄機の設置などをされてみてはいかがでしょうか。

その2はトイレだけになってしまいました。
まだまだトイレに関しては多くのことがあると思いますが、
このコラムをご覧になった方は一度スタッフの皆さんと
トイレミーティングをしてみていただけませんでしょうか。


人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 総合メディカル蝓〇田孝英さんの発表

1.地域医療を担う勤務医、開業医、病院の現状

 ・医師数が10万人あたり206人に達しており、
  更に毎年国家試験の合格者が約7500人に上るものの、、
  大学や高機能病院の集中する都市に医師が集中し、
  医師の地域偏在が深刻な問題となっている。

 ・開業医については、2005年現在診療所の総数が97,000件を超え、
  特に首都圏を中心とした都市部においては
  診療所の新規参入が競争の激化から困難になっている。

 ・一方、病院は1990年の10,096件をピークに減少を続け、
  2004年には9,082件まで減少している。
  平均在院日数の短縮化により、病院数・病床数はさらに減少傾向が続く。

つまり、医師は増加しているにも関わらず、
その医師が勤務する病院は減少していく。
診療所数は都市部を中心に増大し、一般的な開業が困難ということになる。

2.DtoDシステム(医療連携システム)の開始

医療連携システムとは、
地域医療を支えてきた後継者のいない開業医に開業を望む勤務医を紹介し、
地域医療継続と活性化を図り、
そして地域中核病院と地域の医療連携を実現する事を目的としたシステムである。

また、自分の希望する医療の実現の為に転職したい医師や、
開業希望地区で勤務し、その地域での継承開業したい医師を、
地域中核病院に紹介することで、スムースな継承開業を支援するものである。

※メリット
 .蹇璽灰好
   第三者継承による開業の投資額は、新規開業の65%ですむ。
 患者さんを引き継ぐ事ができる
   新規開業に対し、開業後の外来数は、
   開業後3ヶ月で135%、6ヶ月で129%となっている。
   医業収入も、
   開業後3ヶ月で133%、6ヶ月で144%となっている。
 信用
   医師会、銀行、業者などの協力が得られやすい。

まとめ

長年地域医療に貢献してきた高齢の開業医の先生方と、
新規開業を希望する若手医師の継承をスムースに行う事で、
長年地域貢献してきた診療所の社会資本を有効活用することが、
無理な開業による過当競争を防ぎ、医師が医療に専念できる環境を整備でき、
それによって地域医療の充実に貢献できると考えている

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125