医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2019年12月06日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年11月28日付『日本経済新聞』の
「データで読む愛知」のコーナーで

人気は高速道PAと空港
車保有最多、郊外でも気にせず
という記事が掲載されました。
主なレジャー施設の2018年度の集客数は
1 ナガシマリゾート 1,550万人
2 刈谷ハイウェイオアシス 848万人
3 中部国際空港セントレア 747万人
6 ラグーナテンボス 287万人
7 名古屋市東山動植物園 254万人
8 JAあぐりタウン げんきの郷 239万人
9 名古屋城 220万人
10 名古屋港水族館 210万人

因みに昨日のブログより
竹島水族館は47万人でした。

患者さんの多い
整形・皮膚科・眼科・耳鼻科さんは
年間何人になるでしょう。
150人×22日×12ヶ月=約4万人

東京ディズニーランド
3,000万人とくらべると800分の1。

医院のスタッフが15人とすれば
800倍=12,000人で
ディズニーランドの半分。

面積の比較は
ディズニーはシーと合わせて100ha。
800分の1で
1250屏380坪相当
などなど。

客単価などを比較しても
実はクリニックは
この様な大規模集客施設よりも
効率よく集客ができていることがわかります。

医院に自信と誇りを持って
何を患者さんに提供しているのか
という目的を明確にし
しっかり頑張っていきましょう。
yuenchi




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2019年12月05日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

だいぶ前になってしまいますが
2019年8月17日付『日本経済新聞』に

「ショボい」水族館アイデア集客
小さい・古い・お金もない・・・でも魅力いっぱい
という記事が掲載されました。

地元、蒲郡の竹島水族館は
まさしくこの代表の水族館です。
面積当たり入館者数は
名古屋港水族館の
10倍くらいになるそうです。

少し長くなりますが
竹島水族館の部分を
記事より引用させていただきます。
一時廃館も検討
 「ショボい水族館です」と、自虐するのは竹島水族館(愛知県蒲郡市)の小林龍二館長。老朽化度合いでは国内「最高峰」。延べ床面積は名古屋港水族館(名古屋市)の40分1。お金がないためラッコもシャチも飼えない。一時廃館も検討されたが、15年に就任した小林館長とスタッフの奮闘で、今や超人気の水族館となっている。
 観客がクスッと笑いながら眺めているのが手書きパネル。タカシガニに「趣味はコマネチです」、ウツボには「キモチワルサで人気者」とある。「魚がいるだけではお客さんは来ない。楽しく伝えていくのも水族館の使命」(小林館長)
 漁師の協力で地元の「変な魚」の展示を強化した。深海魚の飼育数は日本トップクラス。深海魚に触れる水槽では子供も親も大はしゃぎ。「奇抜な発想が面白い」(静岡県から来た家族連れ)。常連客のファンクラブも結成された。18年の来場者数は47万人と、かつての4倍以上。ショボさを売りにできなくなってきたのが近ごろの悩みだ。
そうなんです。
ショボくてもお客さんは沢山来て下さいます。
お客さんの目的は
水族館の建物や広さではないのです。
魚を楽しみに来ているのですね。

ということで
クリニックでも建物が古くても狭くても
患者さんは
治療・癒しを求めて来院される
という本来の目的を
満足することができれば増患できるのだ
と、あらためて思った記事でした。
touch_pool




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2019年12月04日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日、新幹線のホームでの出来事です。

ご両親と娘さんが
ホームで会話をしていらっしゃいました。

娘さんはマスクをしていらっしゃったのですが
お父さんが何かを言うと
マスクをしていても目元の表情で
不機嫌さがよく伝わってきます。

逆にお母さんとお話をしている時は
マスクをしていても
笑顔が伝わってきました。

これからのインフルエンザの季節
医療機関の皆さんは
マスクが手放せないと思いますが
マスクの下の笑顔も患者さんに良く伝わる
ということも認識してほしいと思います。

5分間ミーティングネタとしては
スタッフにマスクをしてもらい
不機嫌な顔と笑っている顔を
スマホで撮影するだけでも
面白いと思います。

IMG_1672

IMG_1673




人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!
Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125