医院・歯科経営コンサルティング・医院開業支援・医院専門ホームページ作成・接遇研修のMMP

2017年06月23日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年6月10日付『日本経済新聞』に
面白い記事が二つありました。

一つは
『退職 1日違いで「差」』

会社を1月30日付で退職する方と
1月31日付で退職する方の違いです。
1日の違いでも
1ヶ月の空白期間が出来るそうなので
ご注意下さい。

少し長くなりますが、記事より引用致します。

 社会保険労務士の佐佐木由美子氏は「給料から天引きされる保険料は原則、資格喪失日が属する月の前月分まで」と説明する。資格喪失日とは退職日の翌日のこと。Aさんは1月31日に厚生年金の資格を喪失したため、給料からは12月分までの保険料しか引かれていなかった。もし退職日を31日付にしていれば、厚生年金保険の資格を切れ目なく継続できたことになる。
「障害年金を受けられないことがあるので注意したい」(佐佐木氏)。障害年金は直近1年間に保険料の未納がないことなどが受給の条件にとなる。
特に小規模なクリニックでは
厚生年金に未加入の事業所も多く
手続きが不慣れなため
この「資格喪失日とは退職日の翌日のこと」
という、認識が大切です。

もう一つの記事は
『相続で協議不要の財産は?
死亡保険金は受取人の「固有」に』


相続が発生した場合
分割協議で生命保険の死亡保険金が
争いの火種になることもあります。
記事より引用致します。
死亡保険金は遺産分割の対象ではありません。受取人に指定された人にとっての「固有財産」です。受け取る保険金自体は「故人が生前に持っていたおカネではなく、財産とは切り離して考える」(北野弁護士)というわけです。他の兄弟姉妹が分け前を主張しても、長男は応じる必要はありません。
極端に死亡保険金が多く
財産が少ない場合は
問題になるそうですが
上手に生命保険を活用することも
大切だと感じた記事でした。

isan_souzoku



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年06月22日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

一般的には、デイサービスの利用者さんは
女性が7〜8割で男性は少数派です。

・年寄り扱いされたくない
・面識のない人と一緒に過ごすことが苦手
・親しくない方の前で自分の出来ない姿を
 見せることが嫌
・デイサービスのプログラムが楽しくない
などの理由があると思います。

逆に女性の高齢者の方が
人との交流や地域との接点も多く
ボケにくいと思いますが、
会社での人脈が中心だった男性は
定年後、地域との交流も少なく
閉じこもりがちです。

このため、男性の健康寿命を延ばすためにも
デイサービスなどを積極的に
利用していただくと良いと思います。

男性の利用者さんを増やすためには
・仲間がいること
・囲碁・将棋・マージャンなど
 親しい友人との勝負事
・タオル体操や風船バレーではなく
 パソコン教室や趣味の時間
・一人で座って新聞を読んで過ごせるような
 スペースの確保
など。

すずたけはいつも
デイサービス・デイケアのプログラムを
ユーキャンやNHK通信講座をヒントに
充実させると良いと思っています。
シンプルにまとめると
文化部、運動部、帰宅部です。
書道や絵手紙、俳句、カラオケや楽器演奏
などなどの文科系レク。
ヨガ、卓球、ダンス
(豊橋では、車椅子のダンスサークルもあります)
などの身体を動かす運動系レク。
読売新聞、日経新聞、朝日新聞、
中日スポーツ、日刊スポーツ
など新聞を一日読んで過ごす帰宅部。

この様に男性の利用者さんの一日をイメージし
「ココへ来れば楽しく一日過ごせる」
といった、プログラムを充実すると
男性の利用者さんも増え、
事業所側もプラスになり
また、閉じこもりがちな高齢男性にも
プラスになると思います。

seniorcar_man



幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

2017年06月21日

自分ひとりでの力では小さいので、このブログをきっかけとなって
より良い医院づくりに貢献できれば幸せです。
1日1回、下のバナークリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日、歯科のコンサルタントとして日本でトップの
株式会社M&D日本医業経営研究所
木村泰久先生の勉強会に伺いました。

歯科医院の改善事例を発表されている事例の中で
「立った受付」「座った受付」に
とっても共感しました。
考えてみると
ホテルのフロントは座ったまま
お客様に応対することは
まず考えられないことですが、
クリニックでは、しばしば見られる風景です。

スタッフにとっては、一日中立ったまま
お仕事をすることは大変なことであり、
レセコン入力もしづらいかと思いますが
受付のお仕事は、
患者さんとの応対がメインであって
コンピューター操作は補助と考えると
結論が出ると思います。

休憩時間に足を休めるような
フットマッサージ機の導入や
カウンターチェアを置く
といった工夫で、
少しでもスタッフが楽になるような
工夫も必要だと思います。

もしかして、医院の構造によっては
受付カウンターのリフォームも必要かもしれません。

自院の受付応対を待合室から見て
どの様な印象を受けるか要チェックです。






幸せのヒント公開中
塚田の「お医者さんのための幸せレシピ
URL:http://blog.livedoor.jp/mmpartners-tsukadablog/

人気ブログランキング用バナーランキング参加中!応援クリックお願いします。目指せ!!ベスト5!

Archives
書籍検索


医院経営コンサルティング・医院ホームページ作成のMMP

医院・歯科医院経営コンサルティング
医院・歯科医院専門ホームページ作成

〒443-0013 愛知県蒲郡市大塚町山ノ沢13-19
電話番号: 0533-59-7115 / FAX番号: 0533-59-7125